スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valkyrie Rose

040030069326-1p.jpg

女性VoのV系(風?)メタルサークルの5thアルバム。

夏コミにてこのアルバムで音源を初めて購入させていただき、ドハマりしてしまって速攻で旧譜を全て揃えたり、ワンマンライブにも駆けつけたりしてしまったのも記憶に新しい、GILDIAとの出会いとなった音源です。
気づけばもうすっかりファンになってしまいましたw
僕はこのアルバムから聴き始めたリスナーなのですが、本作で前任Voのerica様からLosrosariaValhallaでの活動で知られる悠季さんへとバトンタッチしています。
しかし、過去の音源を聴き比べてもその音楽性には大きな変わりはなく、むしろバンドサウンドの分厚さや楽曲の洗練っぷりは更に向上されているようにも感じましたね。
erica様と悠季さんの声質の変化も、以前からのファンでもすんなりと受け入れられるだろうなぁと、初聴でも思いました。
また、個人的には悠季さんの声質や、シンフォニック度が旧作に比べてマシマシになったと感じたあたりから、全体的に明るくなった妖精帝國って感じの印象を受けました。

一曲目:緋弦の薔薇
美しいピアノの音色で始まり、Voとバンドサウンドが入ると同時に疾走!開幕に相応しいキラーチューンや!!
クサく美しい歌メロに、ライトな印象のサウンドでありながらも、重厚な存在感を持っているギターサウンド、そしてインストパートで聴けるクラシカルなストリングスサウンドと聴きどころ満載です。
この一曲目で多くのリスナーの心は奪われるでしょう…!
ギターソロはライブの第二部で下手ギタリストとしてその雄姿を見せてくれたが弾いており、一発で頭に残りそうなほど強烈にメロディアスなソロを弾いております!

二曲目:空白のエピローグ
明るいながらも哀愁を放つサビメロから始まり、これまた疾走!
ところどころで聴けるアコギの音色や、派手すぎず地味すぎない綺麗なストリングスサウンドに、ポップスに接近していながらも嫌味を全く感じさせないメロディは流石の一言。
SHIKIさんのギターソロも音の輪郭が非常にしっかりしており、強烈なチョーキングも聴かせてくれたりと、やはり只者ではない技量を持っていますなぁ…!
しかし、この曲最大の魅力は歌詞だと思います。
ライブでこの曲を演る直前での悠季さんのMCから察するに、この曲はerica様のために書かれた曲なのでしょうね。
これこそが新生GILDIAの決意の一曲であり、正しくエピローグなのだと、そう思いました。

三曲目:リリスの箱庭
前曲とはうって変わってモダンなへヴィリフから始まり、チェンバロやストリングスのバッキングも怪しさを演出させ、退廃的な印象を感じさせるスローなゴシックメタル曲。
かなり妖精帝國っぽいと思います。
歌声も雰囲気に合わせてか色っぽく歌っているようにも聞こえ、非常にマッチしています。

四曲目:希望ノ在処
待ってましたの爆走メロスピ!!
力強くも艶っぽく、それでいて爽やかさすら感じる歌声クサすぎるメロディを高らかに歌い上げ、ところどころで聴けるハモンドオルガンの音がまたクサさを増強させまくる!!!
ギターソロはないものの、ハモンドがソロを奏でることで見事なまでに代替となっています。
あぁ、もうなにこの激メロ!クサすぎ!!!wwww
この曲は個人的に今年の女性Voメタルでも最高クラスの一曲ですwww
ちなみにこの曲はEine Kleineのくろねこさんが作詞をしており、ルビの振り方等の厨二臭さがまた我々の琴線を激しくかき鳴らしますなw
更にはくろねこさんが歌唱しているバージョンも公開されているのでこちらも要チェックです!

五曲目:Fortissia
本作随一の哀愁チューン。メロディが切なすぎです。
まず出だしのサビメロの歌唱とピアノのサウンドで殺されます。直後のストリングスの旋律でオーバーキルです。
この曲はSHIKIさんではなく、ちょいちょい楽曲提供しているamyuという方の作曲なのですが、少なくともこういうアニソンチックな曲ならばSHIKIさんより心得があるのかもしれませんね。
というかかの名曲イグニスの鎖を作曲した方ですよね。
ギターソロも泣きを表現しており、もうヤヴァヤヴァです。

六曲目:Shrift -Scene Marie-
先行シングルにてerica様Ver.も世に出回っている曲です。
脱退前の曲なので、作詞は当然erica様なのですが、歌詞カード見てるとこの曲だけ文字数が結構少ないですね。
こういう部分でちょっとした差異がみられるのもまた面白いです。
イントロのストリングスサウンドからクサクサです。
歌声についても意図的に似せているのでしょうか、erica様Ver.と比べても全く違和感を感じませんね。
でもやはり、力強くて芯のある声質のerica様に比べて多少爽やかさが増強されたように感じます。
サビ直後のピアノの「ぱぱぱーん」ってところが個人的にかなりツボですw

七曲目:Elegant Cries
個人的に大好きなシャッフルリズム/ジャジーでお洒落なメタルや!!しかも四曲目同様ハモンドがフィーチャーされとる!!これで勝つる!!!!!(笑)
色っぽいウィスパーボイスでアダルティに始まるのも良いですなぁ…こんな声で囁かれたいです!(笑)
でもその後はやはり爽やかで、サビでのリズミカルな歌唱がまた僕のツボをビットかファンネルだかのオールレンジ攻撃で360度から集中砲火してきやがります…!!
ギターソロも短い見せ場ながらも、メロディアスかつタッピングを駆使したテクニカルな演奏も聞かせてくれて面白いです。


ホント、なんで今までGILDIA買わなかったのか…過去の自分が理解できません…w
一生の不覚レベルですwww
そういや、全体的にサビメロで始まる曲が多いアルバムですね。
まぁこれも様式美というか、王道展開というか(笑)
過去作と比べて音質が向上しているのもまた良い点ですが、若干ドラムの音がシャリシャリしてるというか、耳にキーンと来るような。
まぁそこは大した問題というほどではありませんし、むしろあんまり重い音にするよりは音楽性的にこっちの方が合ってるのかもしれませんね。
個人的には全曲キラーに感じた名盤です!
スポンサーサイト
プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。