スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tears Will Become Melodies Tonight

Tears Will Become Melodies Tonight

超ハイクオリティな東方エモ・スクリーモバンドによる2ndフルアルバムで、これ以前のアルバムでは終盤にオリジナル曲も収録する抱き合わせだったのですが、今回は全曲東方アレンジとなっています!
僕は別に東方自体に思い入れがある訳ではないものの、良い曲が聴ければアレンジだろうとオリジナルだろうとどちらでもいいと考えているタイプのリスナーなのですが、やっぱりオリジナル曲だとアレンジよりは多少嬉しくなってしまうために少し寂しい気がしないでもないです。
とはいうもののこのアルバムの出来は本当に凄まじく、全曲で悶絶出来る圧倒的な仕上がりとなっているため、そんなことは些細なことと言い切れますね(笑)


一曲目はエレクトロニカ的なピコピコシンセによる短いインストトラックで、個人的には結構好きな音の使い方なのが好印象です。
東方特有のクサメロはこういう音楽性でも強烈ですな…

そのまま続く二曲目は強烈なスクリームから始まるミドルテンポの哀愁エモと化す!
めらみさんの歌唱が前作より更に向上してるのが、歌い出しからわかるでしょうな!
Tetoさんのスクリームもまた更に上達していて凄まじいの一言です。
ミドルテンポにしては全体的に手数が多く、タイトなプレイを披露しており、曲の緩急の付け方が本当に素晴らしいです。
しっかし東方メロのアレンジだけあってクサクサエモに仕上がってますなぁ…!

三曲目は露骨にエモいコード進行とスクリームと共に疾走するイントロから始まるふぉあぐら史上…いや、エモ・スクリーモ史上でも屈指といえるであろう超名曲!!
イントロに時点で涙腺は決壊!
めらみさんは艶っぽく非常に魅力的な中音域力強くエモーショナルにかっこよく歌い上げ、やはり実力の向上が凄まじいですな…!
やはり類稀なる声質の持ち主ですなぁ!
二番以降のクリーンVoとスクリームが重なる部分なんかテンション上がりまくりで、ラスサビでの盛り上がりでもう鳥肌立ちまくりで、私の炎は今にも爆発しそう!!いや、爆発した!!!
Take my flame!!!!
なんかもう三曲目にしてラスボスとの最終決戦だ!www
アニメとかゲームの最終決戦で挿入歌としてこういう曲が流れたら絶対泣きますwwww

四曲目は前作で好評を博したThe Secret Lyricsシリーズの二曲目で、軽快なピコリーモ曲に「どうせ聴いててもわからないから」とメタい歌詞をのっけた名(迷?)曲ですw
こんな凶悪なスクリーム
「夏コミは僕たちのようなもやしっ子には辛すぎるんだってば」
とか言われても全く信用ならないんですがwww
もやしっ子が出せるような声じゃねぇ!wwww
「もし私たちがUnlucky Morpheusのように華麗で
IOSYSのように多才で
C.H.S.のように中毒性があって
Demetoriのようにスマートで
Alstromeria Recordsのように魅惑的で
石鹸屋のように力強くて
岸田教団&The明星ロケッツのようにクールで
CROW'SCLAWのようにブルータルだったらいいのになあ」
やwwwめwwwろwwwwいや、もっとやれwwwww

五曲目は叙情的なメロを歌い上げる、スクリームのないミドルテンポの哀愁クサエモ曲。
時に切なげながらも、ハキハキと歌い上げる歌唱がたまらんですなぁ。
演奏による装飾も派手すぎず地味すぎずで、この曲をを装飾するのにはベストな塩梅と言えるでしょう。
それにしても、やはり上海紅茶館のメロディは良いですなぁ。

六曲目はツインギターによる折り重なるようなリフが聴ける疾走曲!
この曲くらいゴリゴリするとメタルコア寄りになってきますね。
ここからしばらく重い曲が続きます(笑)

七曲目は伸びやかに歌うサビ以外では爆走しまくり、音的には完全にメタルコアといえそうな疾走曲!
リフも他の曲と比べてかなりゴリゴリしており、メタラーの耳には気持ちいい重さとなっています。
ライブで聴けばモッシュ・ダイブを誘発されるのは火を見るより明らかであろう!w
曲の路線としては1stアルバム四曲目のI'm The Seekerが近いでしょうか?
中盤でハードコア系特有のビートダウンも聴けます!

八曲目は東方メタル界のコンピレーション企画であるBarrage Am Ringにも収録された疾走メタルコア曲!
クリーンVoの歌いだしの時の歌声あまりにもかっこよすぎてゾクゾクきます…
やっぱりめらみさんはハイトーンよりも中音域での歌唱の方が魅力的だと思いますねぇ。
エクストリームメタル系のサークルを集めたコンピ盤に提供された曲のためか、アルバム随一のへヴィさを持ってます!
この曲もサビは疾走せずに伸びやかに歌う、前曲と似たタイプの展開ですね。

九曲目はコア化が進んだ前の三曲から五曲目までのエモ傾向に戻った、アルバム本編最後を飾るメランコリックなミドルテンポ曲
僕はメタラーなので、めらみさんの歌声もやっぱりかっこいい曲での力強い歌唱が一番好きなのですが、こういう哀愁曲で聴かせてくれる表現力からもやっぱり凄まじい魅力を放っていますねぇ。
女性ボーカリストでもトップクラスに好きなお一人です。

十曲目はボーナストラックとしてめらみさんによる小芝居が収録されています(笑)
冬コミ頒布の作品だったためかクリスマスの時事ネタとなっておりますが、やはり声めちゃめちゃ可愛い(笑)
リア充爆発しろ!www

前作から同人としては非常に良かったサウンドプロダクション更に向上し、そこらのメジャーアーティストですら到底太刀打ちできないレベルとなっているのも凄いですな!
演奏もやはり凄まじく上手く、Suzuoriさんのギターはソロはないものの、この音楽性で求められる役割は完璧にこなしているのではないかと思います!
Tetoさんマジキチですw
バスドラムの音が気持ち良すぎでもっとドコドコしてくれぇぇぇぇぇってなりますな!
しかもこのテクニカルなドラミングをしながらライブでは同時にスクリームしてるというから本当に早くライブで見たいですな…
ピコリーモ曲の電子音チープさを感じない音作りなのが嬉しい限りです。
残念ながらリーダーであるギタリストのSuzuoriさんはこのアルバムを最後に辞めてしまい、彼が在籍しているときにライブに行けなかったのが心残りではありますが、これまた非常に上手いギタリストを紹介し、残して行ってくれてバンドの解散にはならなかったのは良かったです。
しかし、曲を聴けばどの曲がSuzuoriさんアレンジで、どの曲がTetoさんによるアレンジなのかわかりやすいですなぁ(笑)
女性Voと哀愁エモコア・スクリーモが好きならマストな一枚となるであろう名盤です!
スポンサーサイト

Light Through the Night

ltn_jacket_s.jpg

ベテラン東方メタルアレンジサークルによるフルボーカルの例大祭9新作で、普段はボーカルアルバムだと主にハイクオリティなキラキラメロデスをやっているサークルなのですが、今回は元KNIGHTS OF ROUNDのVocchang氏を迎え入れたメロディックスピードメタルアルバムとなっており、メロスパーとしては期待せざるを得くて例大祭まで購入しに行った次第であります(笑)
ちなみに以前にもメロデス意外にミクスチャー・へヴィロックのアルバムも頒布していたので、これからもメロデスを主体としてたまに他の音楽性のアルバムを頒布していくのでしょうかね?

一曲目は一分程度の短いインスト。
しかし、この曲を聴くとフラワリのチケットに付いていたCDのUnlucky Morpheusの新曲を思い出してしまいますねぇ~
まぁ原曲が同じでメロスピってだけなんですが(笑)

二曲目クサいリードギターとハイトーンシャウトから始まり疾走!
Vocchang氏のハイトーンは非常に気持ちいいですねぇ。
ギターソロはめちゃめちゃテクってるという訳ではないのですが、非常に耳に残るメロディで、ギターソロもやはり上手さよりもメロディの良さが一番大事なんだと思い知らされます。

三曲目は、やはりおなじみの東方メロディで疾走する曲。
普段のメロデスは原曲が行方不明なくらいほぼオリジナルなアレンジが多く、きすみらもその例に漏れないのですが、流石にメロスピアレンジだとストレートなアレンジになるんだなぁと思いました。
ギターソロのテクニカルでクサいツインリードが熱い!!

四曲目はイントロから完全にSonata ArcticaのSan Sebastianです、本当にありがとうございましたwww
やはりこういう名曲のオマージュは口元がニヤケますなw
Vocchang氏の声質もまだキラキラドコドコ疾走していた頃のソナタを彷彿とさせ、良い相乗効果となっています!
ソロまで完コピで、やはりテクニックも尋常ではないですwww
これは作曲者欄にZUNの他にTony Kakkoの名前も入れた方が良いのでは!?!?(笑)

五曲目もクサいツインリードから始まり爆走する曲。
この曲は何といってもサビの超絶ハイトーンが熱い!!高すぎ!!!しかしこの高さで起伏の多くて超難しそうなメロディを歌いこなすとは…w
個人的に少女さとりの怪しいメロディはかなり好きなのでこのアレンジが入ってたのは嬉しいですw

六曲目はきすみらのVoと言えばこの人だ!と言えるであろう、spetsnaz氏も参加したツインボーカル曲。
spetsnaz氏の凶悪なデスボイスとの掛け合いが熱い!!
二人のシャウトの対比もかっこいいです!

七曲目も爆走メロスピで、ソロのギターとkeyの追いかけっこからのユニゾンという応酬がクサい!
聴いたことない気がするメロディで、新作のBGMアレンジかなと思って原曲を調べたらやはり新作の曲のようで。
こういう聴きなれない新曲のアレンジは新鮮気持ちで聴けるのがいいですなぁ~

八曲目はボーナストラック扱いの曲で、過去の曲の再録盤である模様。
イントロからクサいツインリードが聴け、曲中で何度も聴けるハイトーンシャウトがまた熱い!クサい!
ギターソロのテクニカルにピロピロしてから泣きのフレーズを聴かせるという展開も素晴らしいです!
全体的にアルバムで一番Unlucky MorpheusIcarus'cryのようなアレンジだと思ったり(笑)


やはりベテランサークルだけあって、普段とは違うことをやった少々実験的なアルバムでもクオリティに不安要素は全くなく、むしろ予想以上のクオリティで良い意味で期待を裏切られました!
例大祭新譜でもっともヘビロテしてる一枚となっております!
ちなみに例大祭当日に会場で購入した方には特典としてニ曲目をLA KIAのAKIRAさんが歌ったLight Through the Night Nacchang ver.のCD-Rが配布されていたため、やはり例大祭には行って良かったです(笑)
しかし特典の暗黒絵氏ヨダ風のジャケットは強烈ですなぁ…(笑)

Wishes Hidden In The Foreground Noises

wishes_jacket.jpg

東方Projectエモ/スクリーモ生バンドアレンジの1stアルバム

Foreground Eclipse通称ふぉあぐらの1stフルアルバムで、これぞエモ!といえるような哀愁チューンが満載の仕上がりとなっています。
プロダクションも以前レビューしたEPと比べて向上しており、めらみさんの歌唱もレベルアップしてるのが伺えます。
個人的にふぉあぐらはエモ・スクリーモバンドでは一番好きなのです。
一番好きといっても、他のエモ・スクリーモってあまり知らないんですがw
一曲目は哀しいギターのメロが聴ける短いインスト。
やはり日本人的なメロだなぁと思ったり(笑)

一曲目からそのまま続く二曲目は凄まじくエモいコード進行から始まるミドルテンポの曲。
めらみさんの歌唱は中音域主体で、切なくも力強い歌唱が曲に非常にマッチしています。
スクリームはないですが、それでもこれぞふぉあぐらといえるようなアレンジに仕上がってるのが良いですね。
アウトロはナウシカを連想させ、ここが個人的にかなりお気に入りですw
この頃のファルセットもまた味があって良いですねぇ。

三曲目はめらみさんの歌唱とTetoさんの凶悪なスクリームから始まる曲。
サビの盛り上がりが壮大さすら感じさせるほど大仰でこれまた素晴らしい!
ラスサビは歌メロこそ同じテンポですが、バスドラムなんかドコドコしまくり疾走しています!

四曲目は超テクニカルな高速ドラミングから始まり、ギターのリフもアルバム中で最も重く、疾走に合わせてスクリームしまくりのへヴィチューン!
サビではテンポが下がり、ゆったりとしていて壮大かつキャッチーなリードボーカルが聴け、凄まじい哀愁を放っています!
そしてインストパートでまたへヴィに疾走!
この曲はSuzuoriさんではなく、Tetoさんが初めてアレンジした曲であるためか、近年のゴリゴリ疾走スクリーモの布石を感じさせますね。

五曲目はバラード曲で、やはり東方特有のこの哀愁クサメロは良いものだと思えますね。
ギターはエモく、ドラムは基本大人しくも時に激しく、そしてボーカルは叙情的です。
こういう曲を聴くとやっぱり日本人特有のメロディだなぁと思ったりします(笑)

六曲目は美メロがたまらないミドルテンポ曲で、ちょいちょい聴こえるピアノの音色がまた美しいメロディを奏でています。
多重録音のクワイアに空間的な広がりを感じさせる演奏、そしてボーカルとスクリームの応酬がエモ・スクリームにあるまじき大仰さを演出しています!!

七曲目は色んな意味で面白い、本作屈指のキラ―チューン!
最早ハードコアに近い演奏と凶悪なスクリームから一転、中盤でダンサブルなピコピコ音が突如現れ、手拍子まで聴こえた後にまた爆走!
最近流行りのピコリーモってやつですな(笑)
この展開は初めて聞いたとき笑いましたw
サビでのボーカルとスクリームのハモりもまた熱い!!
そして更に面白いのが歌詞で、色んな意味でメッセージ性に富んでてリアルな歌詞は爆笑しましたw
こういう曲はガチだけど歌詞はメタなネタが豊富という試みは面白いので、これからもやりまくって欲しいですね!w

八曲目は優しいメロディが聴けるオリジナル曲。
アレンジだけではなく、オリジナルでも素晴らしい曲が書けるという実力が備わっていることがよくわかる曲ですね。
こういうオリジナルとの抱き合わせや、オリジナルアルバムのリリースは他の東方アレンジサークルにもじゃんじゃんやって欲しいところですね。
やっぱりオリジナル曲だとなんか嬉しくなるので(笑)

九曲目は明るいアップテンポで爽快感溢れるオリジナル曲。
ふぉあぐら結成のきっかけとなった曲のようで、この清涼感に希望だらけの歌詞を聴くと自然と涙が…
これは紛れもなく名曲です。
青春時代を思い出すかのような明るさがたまらないですなぁ。
勿論、青春パンクとかそういうのとは違った意味で(笑)
なんというか、この懐かしいアニソン臭さが良いのです!w

ボーナストラックとして十曲目にめらみさんの独り芝居が収録されており、ボーナスとしてこういう遊び心を入れてくるバンドは個人的に好きですw
しかし可愛らしいお声だ…(笑)


音質も同人としては非常に良く(まぁ今後さらに向上するのですが)、ピコリーモ曲からもピコピコ音特有のチープさを感じない音作りなのが個人的に好印象ですね。
というかむしろ、より確固たる個性の演出になったのでこういう路線の曲が増えていったのは素直に嬉しいです。
演奏も非常にタイトなため、技巧派リスナーの耳にも十分以上に対応できると思えますね。
スローで大仰な曲が他のアルバムに比べて多いのが特徴と言えるでしょうが、このアルバムを聴いてると「音楽は速さじゃねぇ!」って思えますな。
まぁ速い方が好きなんですが(笑)
ショップでは売り切れて見なくなったりもしますが、ちょいちょい再販されているので売り切れても諦めずに待って是非とも購入して聴いていただきたいアルバムです!

シンフォニック東方 ガールズサイド

040030045776-1p.jpg

独りシンフォニックメタルサークルがDragon Guardian等での活躍で気を吐く女性ボーカリストのみーやさんを起用したアルバム。

ついにこの日がやってきた!
オリジナルのシンフォニックメタルアルバムシンフォニック東方シリーズでその名を世に轟かせている龍5150氏が、マイフェイバリット女性ボーカリストの一人であるみーやさんと共にあまりにも強烈すぎるアルバムを繰り出してきた!!
みーやさんはDragon Guardian&KNIGHTS OF ROUND“桜牙”のアルバムを初めて聴いたときに、Unlucky Morpheusの天外冬黄さんRoman so Wordsの己稀さんと同等の衝撃を受けた同人界の女性ボーカリストであり、存在を知ってからずーっと注目していたのですが、いかんせんフルで彼女の音源を聴き続けられるアルバムが今まで究極の重金属トリビュート・アルバム Vol.1くらいしかなかったのです。
そしてみーやさんの歌をもっと聴きたいと悶々としながら過ごしていたときにこのアルバムについての情報が入ったのです!!
しかも僕は龍さんの音源もほとんど持っている程度のファンですので、このコラボを聴いたときは嬉しすぎて音源を聴く前からヘドバン!
我が世の春が来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
人生初の例大祭参加のきっかけの一つとなったアルバムでもあります(笑)
しかしM3で元KNIGHTS OF ROUNDのVocchang氏を起用したオリジナルアルバムをリリースしたばかりの上、再録・リマスタ盤とはいえ同時にシンフォニック東方Ⅰもリリースするという離れ業をやってのけた龍さんの創作意欲は化け物か!?

一曲目はいきなり強烈なシャウト勇壮かつ壮大なシンフォニックなサウンドから始まり爆走!
みーやさんの歌声がやはり素晴らしく、特にサビでの力強さは鳥肌モノ!
女性ボーカルだからか、いつもより龍さんの独り大合唱が全体的に目立ってる印象ですね(笑)
ギターソロもテクニカルにクサくピロピロして素晴らしい!

二曲目はポジティブな疾走…というよりは軽快なアップテンポの曲。
ミドルと言っても音は詰め込まれており、BPM以上の疾走感を感じます!
この明るさがみーやさんの声質にマッチしている一曲です!
時折聞こえる鐘の音が良い味を出してますねぇ。
ギターソロの泣きっぷりもたまりません!
ラスサビ前の歌唱の表現力も、僕の涙腺のダムを決壊させるかのような強烈な叙情性を放っています!

三曲目はドラムソロから始まり、疾走!
もう本っ当にみーやさんの歌唱がたまらなく強烈な一曲です…
特にサビ前のシャウトサビのハイトーンが凄まじく、今や女性へヴィメタルボーカリストの代表格となりつつあるFukiさんの面影を垣間見ました…!
ボーカリストとしては同じ、あるいは似たタイプだと思うんですよね、みーやさんとふきてん。
ラストのダメ押しのようなクワイアパートも悶絶!!

四曲目はホーンの音色が目立つアレンジの爆走チューン!
やはり歌唱が凄まじく、特にブリッジでのドスの利いた(?)歌い回しと強烈なヴィブラート失禁モノ!
しかしこの可愛らしい歌声でここまでの勇壮さを出せるボーカリストはそうそう居ないと思いますねぇ…
何気にこの曲構成、Emerald Swordっぽいと思ったのは僕だけでしょうか?
強烈なブリッジに、サビではハイトーンではないものの、凄まじくクサい伸びやかなクワイアは完全にエメソだと思います。
Aメロ・ブリッジが二回来てから初めてサビになる部分も一緒ですねw
フォーザーキーンフォーザーラーンフォーザーマーーーンテンwww

五曲目は本格的なバラード曲で、みーやさんの超エモーショナルな歌唱をこれでもかという程堪能できます。
やはり僕はこういった起伏に富み、情感がビリビリ伝わってくるボーカリストが好きですねぇ…
いくら安定した上手い歌唱が出来ても、無難な歌唱で心が…魂が伝わってこない歌唱ではダメなのだと改めて実感しました!
ボーカリストは命を削って声を張り出してナンボじゃい!!(笑)

六曲目はピアノの音色から始まり、勇壮な歌唱で疾走するシンフォメロスピチューン!
てか完全にパピプーヨヘーチャーハーンじゃないですかwwwww
展開・歌メロからソロのプログレッシブな変拍子、そして最後のダメ押しクワイアと「象さ~ん!」の部分まで新生Galneryusの名曲DESTINYのそれです!!www
ガルネリのオマージュは今まで散々あんきもがやってきたため、最初はあんきもいくらかなぁと思っていたら、まさか龍さんが繰り出してくるとは思わなかったですwww
これはガルネリ信者の僕からすればあまりにも強烈な飛び道具ですwwwマサオイズバーニンハーwwww
流石にあのスーパータッピングタイムはありませんが(笑)
曲名も凄まじくダサい!!(褒め言葉)
なんてったって「無敵のSoul!!」ですよ!?www
このむせ返りそうなほどストレートでこっぱずかしい曲名は熱血ロボット作品大好きな僕の心まで鷲掴み!(笑)
むせる(違う)

全体的にひたすら明るいメロで疾走しまくり、演奏の上手さとボーカルの上手さ、そして何よりも曲の良さと相俟って最初から最後まで気持ち良く聴ける捨て曲皆無の名盤です!
ボーカルの声質に合わせて全体的に音はメタルとしては軽めのミックスにしたのでしょうが、僕はこの清涼感の演出に貢献していると思いますので、この選択は正解だと思いますね。
そのお陰か、普段よりもシンフォニックなアレンジが聴きとりやすく感じたりしました。
やはりみーやさんの歌唱をたっぷり聴けるアルバムが出来たのが本当に嬉しいです!
声質はAiRI(元UR@N)に近いのですが、この力強くエモーショナルな歌唱でメタルを歌ってるとなるとポストFukiの座はこの人の物でしょう。
2009年までのふきてんが一番近いですかね。
それにしても、期待をはるかに上回るアルバムでした…
これを機にみーやさんの活動の幅がもっともっと広がって欲しいものです!

Lament

lament-02-01.jpg

少女病フォロワーによるシンフォニックロックサークルのアルバム。

最近知ったサークルで、このアルバムの音楽性は物語要素を若干弱くしてよりエモ寄りにした少女病と言えるような塩梅だと思うのですが、オリジナルの他に東方アレンジもやっており、そちらではゴリゴリのメタルをやっていて懐の広さを感じられます。
少女病譲りのメロディセンスやストリングスアレンジ、そしてボーカルからは時折凄くLicoさんに似た歌声を聴かせ、少女病ファンなら釣られざるを得ない気がしますw


一曲目は哀しいオルゴールの調べから始まり、エモいリフで疾走!
ストリングスの音色はないですが、イントロは少女病の古の残骸を意識したのですかね?
少女病のアルバム名…というよりは、エモのアルバム及び曲みたいな曲名ですね。
漢字二文字+カタカナ単語なのに、使ってる単語でこうも少女病特有のメンヘラ臭がしないとは…w
エモコアライクな哀愁を帯びたメロディセンスが良いですね。
バックのピアノアレンジもまた良い味を出してますねぇ。

二曲目はストリングスアレンジが目立つ、悲しく暗いバラード曲。
途中で語りも入り、やはり少女病のこういう曲のようです(笑)
Voの歌唱も曲に雰囲気に会った湿っぽい叙情感が好印象です。

三曲目は怪しいピアノの音色と少し舌っ足らずな感じのする語りから始まり、超少女病っぽいリフクサいストリングスアレンジで疾走するキラーチューン!
疾走という点でいうならもっと早い曲があるのですが、メロディの良さはアルバム随一です。
曲名は「Thanatos」で、歌詞にも「イド」というワードが出てきてサンホラっぽい要素も意図的に含んだのかなと思いきや、どうも本人はサンホラは全く知らないらしく、たまたまのようです(笑)
この曲のシナリオは、少女病の「覚醒ノエシス」みたいですねw

四曲目は狂気的な短いピアノから始まり、シンフォニックなアレンジと共にエモコアの如く疾走!
これはモッシュしたくなります!モッシュ!エモッシュ!
しかしボーカルの声質が、(特に高音域で)妙にLicoさんっぽくなりますね(笑)
間奏とラスサビ直前のボーカルの裏で踊るピアノがたまりませんな。
アウトロのギターソロも見事な泣きを聴かせてくれます!
実に良質な展開・メロディを持った曲ですねぇ。
UNLIMITS辺りのファンに勧めても良さそうな曲といえるでしょうか。

五曲目もこれまた疾走シンフォニックロックで、イントロのストリングスからめっちゃクサい!
メロディや演奏からは哀愁増し増しの岸田教団ってな印象を受けましたw
歌メロはやはりエモ系の叙情性を前面に押し出しており、日本人ならツボを突かれまくりでしょう!(笑)

六曲目はオルガンのような音色とシリアス語りで始まり、エモ系の音作りだったそれまでの曲とは違ってシンフォニックメタル然とした疾走感と重いリフが強烈な一曲!
これはヘドバンを誘発します!
どうやら魔女裁判をやるようで、このメンヘラ臭はまさに少女病フォロワーのそれ!!(笑)
しかしこの曲は部分的に本当にめらm…Licoさんっぽく聞こえることがありますね。
一番のサビの「殺せー!」って部分なんかすっごく昔のまだ少々チープな歌唱だった頃のLicoさんを彷彿とさせます(笑)
インストパートではベースのソロから始まり、語りソロでの重いバッキングはドラガのようですw
プログレッシブな変拍子の部分は思わずガッツポーズ!
メタラーとしてはこの曲が一番のキラーチューンでしょう!


全体的にやはり真性少女病フォロワーと断言できるものの、最後の曲なんかで少女病ではあまり聴けないメタリックさも見られ、この辺は「メタルもやってるんだぜー!」というアピールでしょうか(笑)
メロディセンスも良く、ボーカルも音楽性に合った叙情性を放つ歌声で好印象です。
メロディ重視のリスナーなら是非とも手にとっていただきたい一枚です!
特に少女病ファンなら、ハッとすること間違いなし!w
どうも在庫が最初から少量のようですが…(汗
コンポーザーのれむ氏は、Asrielがカッコいいのが7割、少女病がカッコいいのが3割で同人音楽を始めたと仰っていたので、いつかAsriel風のシンフォゴシックメタルアルバムも聴いてみたいですね(笑)
しかし、こういう若いながらも有望なミュージシャンを知ると本当に嬉しくなりますねぇ。
今後の活躍にも期待です!

ちなみに最近歌ってみたデビューしたようなので、暇な人は聴いてみて下さい(笑)
プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。