スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〜Minstrel Banquet vol,6〜 [Through The Gates Of Death 先行発売GIG]

新年三発目のライブとして、僕が崇拝するバンドである日本の最臭兵器、MinstreliXのワンマンライブに行ってきました!
会場は前回の東京ワンマンと同じ目黒ライブステーション。
二週間前の大雪の日もここでライブ観てましたし、もしかしたら今年は来ることが増えるかもしれませんね(笑)
小さいハコにも関わらず、何故か開場17:00で開演が18:00ということで、下手側前方に集まったフォロワーさんたちと一時間ばかり面白おかしく喋っていたら、ほぼ定刻通りに開演しました。
フォロワーさんが居なかったらなかなかに辛かったのではないかと思いますw

O.A.ASRA
仙台からはるばる来たバンドで、ディスクユニオン等で名前自体は聞いたことあったバンドです。
音としては、和風ではなくオリエンタルなサウンドやメロディを用いた陰陽座みたいな感じの歌謡HRってな塩梅ですかね。
最前に居たのもあるでしょうが、Voがかなり聞きとり辛かったですが、華やかかつキャッチーなメロディが凄く好印象でした。というか普通にかっこいいです。そしてVoの夢華さんが可愛いかったです
若干ツインリードなどでユニゾンが上手くいってないんじゃないかなぁとか思ったりしましたが、まぁ気にするほどのことではないですね。
疾走曲だけでもなくスローな曲でも魅力を損なっていない、非常に良いバンドだと思いました。
民謡的なアプローチの多いミンストのファンとの相性も良かったのではないでしょうか。

MinstreliX
とりあえずセットリストはこんな感じでした。
01.LEGEND OF ORIGIN~THE GODDESS~La Liberte Guidant Le Peuple~ 
02.THE MINSTREL~旅人~
03.Splendor
04.THE INTELLECTUAL RAMPAGE
05.Ref:Rain
06.CATERINA
07.VENUS AND ADONIS
08.Farewell
09.Lost Sanctuary
10.Awaken
11.Light Casts a Shadow
12.Eternal Death Rave
13.Thirst For...
14.We'll Never Say Goodbye
EN1.JDA
EN2.GRATIA
EN3.Sky Flame
アルバムのレコ発ツアー以上に新旧織り交ぜられたセットリストで、Lost Renaissanceから全曲披露してくれたのがすっごく嬉しかったですね!
特にLost Sanctuaryは一昨年のYUHKINENとのライブ(そういやこの日が初ミンストでした)以来ライブで聴けていなかったので、興奮しすぎましたw
最前列で見ていたため、ステージ前方のスピーカーにファミチキが立てかけられているのが見え、VENUS AND ADONISの時にステージから見えない位置でフィガロさんが食べているのも見えてしまっていて不思議に思っていたのですが、MCによるとボイトレの先生にファミチキを食べると良いって言われたとか(笑)
先月発売されたシングルの曲は一通りプレイされ、終盤でプレイされた今月発売シングルであるDeath編からも新曲であるEternal Death Raveと2度目の再録曲であるLight Casts a Shadowがプレイされたのですが、この爆走チューン2連発で首がもげそうになるほどヘドバンしましたねぇwww
特に初めて聴いたEternal Death Raveが展開も面白いわかっこよすぎるわで…とりあえずイントロ時点でYuiさんのシンセの音聴いた時点でもう笑いが止まらなかったですwww
アンコール前ラストにWe'll Never Say Goodbyeをプレイするというのもまた粋でしたねぇ。
そして大トリにはSky Flame!!
最近はThirst For...で終わることが多かったのですが、僕はやっぱりこの曲で終わるのが一番しっくりくると思うんですよねぇw
次のライブでは再録でめっちゃめちゃ変わったComing of Ageや、今日は遣らなかったキラーチューンのBloody Roseも、今回のデスメタルコーナーに更に追加してやって欲しいですなぁ!(笑)

てなわけで、1月から大好きなミンストの世界にどっぷり浸れましたし、次の土曜にはSKYWINGSとCROSS VEINのライブもあるわで今年も素晴らしいクサメタルライフを送れそうですなぁ!!
SKYWINGSとCROSS VEINといえば、同日にそれぞれ大阪と名古屋でライブが敢行されていたので、2013年1月26日は東名阪で異臭騒ぎが起きていたということになりますねw
2/2もSKYWINGSの他にGalneryusやIRON ATTACK!等のライブが被っていますし、被りが多いのが若干悔やまれますなぁ。
スポンサーサイト

「NEW YEAR R&R~新たなる1年への旅立ち!」

先日、2013年1月14日(月)にLIGHT BRINGERのHibikiが主催しているセッションプロジェクトのFox sound lab.を観るために目黒ライブステーションへ足を運んできました。
いやぁ…ひどい大雪でした。
各所で電車が乱れていたことで開演時間までに会場にたどり着くのかすら不安でしたし、都内に行ったとき恒例の秋葉・御茶ノ水への寄り道でいつも通り歩いてたら靴に浸水するわ、高低差+ビル風による突風で傘が壊れるわ、時間に間に合うように電車に乗ったら倒木の影響で山手線が一時的に止まるわで・・・w
超ギリギリになりつつも、なんとか開演までには到着しました。
出演バンド側もこの影響をもろに喰らってしまったようで、(流石に全バンドそうだったのではないと思いますが)リハもできずにぶっつけ本番でのライブだっととか。


O.A.みちのく☆くのいち
謎のガールズバンドというアナウンスが事前にされていたようですが、本当に謎でしたwww
なんか一曲目は聞いたことある曲やってた気がしますが、詳細はわからず。
二曲目にはサクラ大戦の主題歌をやっていましたね。
Voは生だったのですが、他のメンバーは楽器を持ってるだけで演奏はしていませんでしたねw
本当に謎のバンドでしたw(2回目)

GUARDIAN HACKER
本編一番手は群馬から7時間かけて来たというバンドのGUARDIAN HACKER。
公式myspaceにはAlternative / Metal / Rockと書いてありますが、あまりこの手のサウンドはどう例えていいかわからずw
あ、へヴィロックとも書いてありますね。その割にはそこまでへヴィさは感じなかったかな?
ハスキーな声質の女性Voが特徴的で好みが分かれるかも、と思いました。
たまに出してたスクリームが印象的でしたね。あと凄く綺麗な人でした。
最新CDのジャケットが同人のCDみたいだと思ったり(笑)

Fox sound lab.
本編二番手に登場。彼らとしては通算4回目のライブだったのですが、この日のメンバーはBa:Hibiki(LIGHT BRINGER、ALHAMBRA)、Vo:世良純子 (ALHAMBRA)、Gt:JaY (LIGHT BRINGER)、Key:Mao (LIGHT BRINGER)、Dr:ひでじい(MAHATMA)と凄いです。何が凄いって、純子さんですよ!純子さん!!
下手側の端っこ最前列に陣取ったので、当然目の前にMaoという位置。手元がしっかりと見えるので、視覚的にも凄く楽しかったです。
開幕はHibiki、Mao、ひでじいの3人によるGERARDのインストナンバーのカバー。音源を聴いたことはなかったのですが、GERARDの名は有名なので曲名を聞いたときに「おおっ!?」ってなりました。
そしてJaYを呼んで次はToto、そして個人的に一番嬉しかったのはALHANBRAの前身バンドにして伝説のプログレメタルバンド、MARGE LITCHのカバー。
いかんせん音源がレアなもので、ずっと前から欲しい聴きたいと思っていたので、まさかここで聴けるとは思いませんでしたよ!
この曲の途中で純子さんが登場し、相変わらずの超絶ハイトーンを出しまくってもう鳥肌立ちまくり。やっぱり上手過ぎるわこの人…
純子さんの選曲で土曜の夜はパラダイスも披露されたりしつつ、ラスト2曲はまぁ予想通りALHAMBRA、らぶりーの二連ちゃん。
初期ALHAMBRAの激クサ哀愁チューンであるFAITHを聴けたときがこの日で一番嬉しかったですね。
そして純子さんのDiamondってそうそう聴けないのでは(笑)
当日リハ無しだったとは思えない、凄まじいパフォーマンスでした!

FullMooN
なにやら語りが入ったSEが流れ始めたと思ったら、そのセリフに合わせてまるで5人組になってからのプリキュアのような5人組が登場(笑)
アキバ系美少女戦士バンドとのこと。おや?どうやら東方アレンジなんかもやってるみたいですね。あ、けいおん風の絵柄のジャケット見たことあるぞ。。。むむ!?エロゲの主題歌になっている曲もある模様…なかなかに興味深いバンドですねwwww
そして肝心の曲が…これまた凄くキャッチーで良かったですwww
Voの声質も予想外にかっこよくて、演奏も上手かったですし。
keyのセンスの良さが一際飛び抜けていて、元々キャッチーな曲に更なる彩りを与えていました。
ただライブは…前方がいわゆるアイドルのノリだったので、対バンで偶然見れたときに後方で見ればいいかなぁとw
でも曲は凄く気に入りました。特に前半に集中していたシリアスめな曲はCDを買っちゃおうかなぁと思うほど。
余裕があるときに買ってみようかなと思います。
ラストにやってた、まさかのグロウルがこれまたかなりかっこよかったです(笑)
ちなみに僕はちっちゃくて可愛かったVoの青い子推しで←

DESTROSE
当日、会場前で知り合いに合流するまで彼女たちが主催のライブだったとは知りませんでした!!←
いやぁ…全員女性メンバーのバンドって無意識のうちに食わず嫌い・・・もとい、聴かず嫌いしてしまっていて、音源なんて一目惚れしてしまったBridear以外買ったことないくらいなんですが・・・ナメてましたわ・・・
曲はコテコテのジャパメタ女性Ver.ってな塩梅のバンドだったのですが、それだけに正統派の普遍的な良さが詰まっているといいますか。
特にVoのMarinaさんの歌唱力の高さにはもう鳥肌が立ちまくりでもう凄すぎました!
しかもアンコール一発目はBlack SabbathのDie Youngのカバーだったとか!
いやはや、こんなに熱いバンドだとは思ってなかったです…w
ヒゲ・スカイウォーカーさんの同じ日のブログにも書いてあったことなのですが、ホントに出来が良すぎで書くことがないですwww


いやー、豪雪のなか観に行っただけのことはありましたわ。
帰りはいつだかの台風の中行った日のライブ同様に電車が止まっていて、帰宅時間は午前3時前というw
寒さとかよりも、びしょ濡れの靴をずっと履いてなきゃいけなかったのが一番辛かったですねぇ(笑)

喜多村英梨 FIRST TOUR 2012「RE;STORY」追加公演

我らキモヲタメタラーのアイドル、喜多村英梨のワンマンライブツアーの追加公演に行ってきました!
会場は新木場STUDIO COASTで、個人的にはDir en greyがよくライブやってるイメージを持っています。
というかりんかい線への乗り換え以外で新木場駅の改札を出たのは初めてで、新鮮に感じました。
まぁ何もない場所なんですがw
連番の友人(勿論メタラー)が物販に並びたいとのことで、10:20頃に新木場駅に到着し、10:30分過ぎには物販列に待機。
僕が欲しいグッズは特になかったのですが、知人にTシャツを頼まれてたので一緒に並びました。
12:30くらいに目的のブツをとりあえず回収し、別の友人(メタラー?)とも合流できたので腹ごしらえに近くのすき家へ。
ご飯が食べれる店はそこくらいしかなかったのにも関わらず(一応駅の下にロッテリア等はありましたが)空いていたので、滞りなく昼食を平らげ、更に別の友人達(メタラーetc)とも合流し、寒い気温でもなかったので適当に喋って時間を潰しました。
開場時間が15:00、開演が16:00とかなり早い時間帯だったので時間潰しで特に疲れることもなく会場入り。
どうせ整理番号的に長くないからとゆっくりドリンク交換してからホールに入ったらいやはや、人数が凄いのなんのって!
SOLD OUTしていたのは知ってましたが、あそこまで鮨詰め状態だったライブは果たしていつ以来だったか…物凄い人混みでした。
とりあえず1Fの上手側後方に陣取り、整理番号が離れていたのも関わらず運良く連番だった友人以外とも合流できました。
そうこうしてるうちにライブが始まり、1Fとはいえ遠かったのでステージはあまり見えませんでしたがキタエリウスキタエリバンドも登場!
セットリストは以下の通りです(2chから拝借しました)。

01.re;story
02.Veronica
03.LOVE & HATE
04.brand-new blood
MC
05.足跡
MC
06.Destiny
07.SHINE
MC
08.Baby Butterfly
インスト&衣装チェンジ
09.Be Starters!
MC
10.紋
11.雪華
MCメンバー紹介
12.My Singing
13.Happy Girl
14.ココロノリズム
MC
15.alive
16.→↑
EN1 Taste of Paradise
MC
EN2 Miracle Gliders
EN3 Over~夜空の約束~
MC
EN4 Be A Diamond

まずは当然黒エリの登場!うん、可愛い!
アルバム前半のV系風ハードチューンを休む間もなく立て続けに連発して会場も熱く盛り上がる!!
一緒に集まっていたメタラー(僕を含めて五人)はしきりにヘドバンし、体温も上昇しまくる!!(笑)
僕と友人達はひたすらグロウル・スクリームで叫び続けてたので傍迷惑だったことこの上なかったでしょうな…w
どうせ声優のライブだろうとタカをくくってヒートテックを着ていたら暑くて仕方がなかったので、流石に途中でヒートテックは脱ぎましたw
(個人的に)両A面シングルのDestinyとSHINEも連続でやってくれたのが嬉しく、会場もヒートアップしておりました。
そしてアルバム中でもかなり気に入ってる、ジャジーでお洒落なBaby Butterflyからの意外にもテクニカルさが前面に出たインストパートの流れもまた絶品。
それぞれのメンバーで見せ場があり、ボーカリストのソロライブと言えども、Voだけが見どころではないということをしっかり見せつけてくれました。

白エリに衣装チェンジ後は勿論明るい曲を連発。
明るくなったというだけで、しっかりと疾走曲もあるのでヘドバン頻度は前半と対して変わらなかった気がしますw
というか、アルバムには入ってなかったココロノリズムという曲が疾走しまくりで、この日で一番頭を振ってた(恐らくbrand-new bloodよりも更に)気がしますwww
こんな曲があったなんて…シングル買わなきゃなぁ…w
紋でも部分的にヘドバンパートありますし!w
あ、ハッピーハッピガーは勿論スクリームで(ry
アンコール前は未だに読み方がわかってない→↑でフィニッシュ!

はてさて、Destiny直前のMCでサプライズもあるセットリストとのアナウンスがあったため、まぁそういうのをぶち込んでくるとしたらアンコール一発目かなぁと思ってはいたのですが・・・
な、なんと・・・
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(通称おち[自主規制])のOPだああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!
これは本っ当に超名曲!!!!!!!!

年明け前のツアーではセットリストに入ってなかったので、もしかしたらキャラソン名義だからやってくれないのかなぁと思っていたのですが、その心配は杞憂でしたね。
知ってる限りのキタエリ曲で僕が一番好きな曲ですし、どうやらオーディエンスからの人気も高かったようで、この日最大の盛り上がりでした!
僕も一緒にいた友人達もテンションが上がりすぎて、ラウドパーク以来の肩組みヘドバンをやってしまい、周りの方には迷惑をかけてしまったかも知れませんw
いやぁ、この世に下ネタギャグアニメは腐るほどありますが、その中でも毎回腹が痛くなるほど笑わせられていた、頭が一つも二つも飛び抜けてたって位の怪作でしたし、主題歌は主題歌で軽快かつあまりにもキャッチーすぎるメロディにクサさすら感じるシンセアレンジが装飾された名曲ですし…帰宅中は嬉しすぎてこの曲ばかりを何回も聴いてしまいました(笑)
完全に原曲通りではなく、キタエリ名義Ver.的なアレンジが施されており、キーも他の曲に合わせて下げていたのですが…まぁやってくれたんだし細かいことは関係ねぇ!
むしろそのVer.でリレコーディングしてリリースして下さいお願いします!!www
そして次のライブこそはこのシングルのカップリング曲であるメロコア曲も非常に盛り上がるしヘドバンできるので(ry
そのあとは予想通りにリリースされたばかりのシングル曲をカップリング含めて二曲披露し、最後はBe A Diamondでフィニッシュ!


いやぁ…正直予想外に楽しすぎて、最高のライブ始めになりましたw
よくよく考えてみればヘドバンしてない曲の方が少なそうですしw
キタエリの歌唱も、去年のツアー後にネットで聞いた評判で想像していたより遥かにというか、本職ボーカリストではない人とは思えないほど上手かったですし、バンドメンバーもスタジオミュージシャンなだけあって非常に上手いですし、あらゆる面で期待を大きく上回っていたライブでした。
最後にキタエリがマイク無しで「ありがとうございましたー!!」って叫んだ時なんか、恐らくあの広い会場の全域にしっかりと響き渡っていたのではないでしょうか。それくらいはっきりと聞こえてきました。凄すぎ。
細かい手法や鍛え方は全然違うでしょうが、本質的にはボーカリストも声優も"声"を使った仕事のプロなので、やはりある程度は共通して鍛えられるんでしょうね。
思えば球技なんかも中学時代から始めた人と、全く別の競技でもいいので何かしら幼い頃からやってた人の方が基本的に上手かったですし、それと似たようなものでしょうね。

実は同日に新宿LOFTで開催された黒夢のワンマンライブの招待チケットを抽選で当てたりして…こちらが先約だったため、そちらのチケットは友人にお譲りしたのですが…まぁなんだかんだでこっちを選んで良かった気がしますw
キタエリと違って黒夢はあまりわからないので。
更に言うと、僕は千葉県民なので新宿と比べると新木場は比較的近いですし(笑)

そういや気になったんですが、これって毎回付け替えてるんですよね?
行った人にしかわからない写真しかなくて申し訳ありませんが(笑)
BAgwMomCcAEC8tA.jpg

2012年BEST

年が明けてからもう一週間以上経ってしまいましたが、ここいらで僕も2012年の個人的ベストアルバムというものを選んでみました。
昨年の上半期BESTと同様、12枚・・・と思ったのですが、流石に枠が足りないので20枚選んでみようと思います。
書いてみて気づいたのですが、上半期BESTに選んだアルバムの生存率はかなり低くなりましたw
アーティスト名/アルバム名で表記し、これまた前回同様にミニアルバムorフルレンスアルバムのみからの選定です。
また、1アーティストにつき1枚までの制限も。
あともう一つ言いますと、僕のブログでは2012年の冬コミ作品まで対象にしていますのでご了承を。


1.Roman so Words/Emilia ~the Last Chapter~
040030039445-1p.jpg
多分知り合いの方々にはバレバレだった一位でしたかねw
間違いなく2012年で一番聴いたアルバムです。
音楽作品だけであんなに泣いたのは初めてだってくらい初聴で泣きまくりました。
どうしてYuiさんはこんなにまで泣ける曲ばかり書けるんでしょうか。
僕の身の回りには本作かCecil'Sphereから入ったという方が多いのですが、既にFirst Chapterが手に入りにくいことが唯一心残りですかねぇ。

2.MinstreliX/TALES OF HISTORIA
TALES OF HISTORIA
言わずと知れた日本の最臭兵器MinstreliXの3rdアルバム。
誰もが待っていたであろう、Leo Figaro氏在籍時初となるアルバムということで感動も一入でした。
新機軸を見せつつも根底にあるドラマティックかつ世界有数のクサメロは変わらずで、またもや異臭騒ぎを起こしてくれました(笑)
Leo氏が復帰してから活動も活発になった印象もあり、本当に嬉しい限りです。
今月の目黒でのライブと、リリースされるシングルも非常に楽しみです!

3.Galneryus/ANGEL OF SALVATION
ANGEL OF SALVATION
名実共に間違いなく日本最強のメロディックスピード/ネオクラシカルメタルバンドによる8thアルバム。
小野さんが加入してからというものの、リリースペースを落とすどころかむしろどんどん早くなってるにも関わらずまたしても恐ろしいアルバムをリリースしてきました。
PROMISED FLAGと14分以上に及ぶ大曲であるANGEL OF SALVATIONに目を奪われがちですが、それ以外にも佳曲名曲の雨あられで、気付いたらANGEL OF SALVATIONが始まっていて気付いたらアルバムが終わっているという(笑)

4.Resonecia/Schicksal
Schicksal.jpg
デビューしてからというものの破竹の勢いで快進撃を続け、シーンを賑わせてきたResoneciaが世に放った待望の1stフルアルバム。
今まで通りの劇クサ疾走シンフォニックチューンに加えて、新機軸として民謡的なアプローチのミドルテンポ曲や初となるバラードも収録され、アルバムとしてのバランスも良いわやっぱりクサすぎるのでもう笑うしかありませんw
収録時間も40分と長くないため、大仰・壮大でありながらも聴き疲れもせず本当に素晴らしいです。
二人の歌姫による響奏に酔いしれましょう!

5.Unlucky Morpheus/Parallelism・β
Parallelism・β
前作Parallelism・αで若干感じた不完全燃焼感も消え去り、あんきも初期の名盤にすら匹敵するであろう怪作がついに来た!
天外冬黄さんVoのオリジナル曲があまりにも勇壮であまりにもクサすぎて、まるで初期Galneryusの様でした…!!
ライブでの初披露から一年以上の月日を経てついに収録された、我ら正当な継承者(ジャパメタラー)達の新たなアンセムとなるジャパメタ最高もついに収録されたりしてもう嬉しくて嬉しくて…

6.GILDIA/Valkyrie Rose
040030069326-1p.jpg
冬コミでリリースされた6thアルバムと悩んだのですが、僕がGILDIAを初めて買ったのがこの5thアルバムなのでこちらをノミネート。
メロディやら煌びやかなシンセ・ストリングの音などがあまりにも好みすぎて、本当になんで今まで買わなかったのか後悔して即行で旧譜を全部購入したくらいハマってしまいました。
心なしかerica様時代よりも耽美系に接近した感があり、シンフォニックさも増してると思うのでなんだかんだで悠季さんに交代したことによって方向性も若干変化してるかなぁと思います。

7.CROSS VEIN/Birth of Romance
Birth Of Romance
女性Voシンフォニックメタルバンドの1stアルバムで、知人のクサメタラーというクサメタラーが騒ぎまくってたので購入してみたら、想像をはるかに上回る爆走しまくりクサすぎのアルバムでした…!!
VoのJULIAさんは少々好みが分かれそうな声質・歌い回しをするヴォーカリストであるものの実力は確かなもので、その特徴が楽曲にも見事に活かされており、むしろこの方でなきゃこれだけのアルバムにはならなかったとすら思えます。
間違いなく、2012年のシンフォニックメタル最高傑作候補の一枚でしょう!

8.Anaal Nathrakh/Vanitas
Vanitas.jpg
UKのマジキチブラックメタルデュオの7thアルバム。とにかく頭がおかしいです。
別にブラックメタラーではないのでこういうバンドは全然詳しくないんですが、これほどまでイッちゃってるのはなかなか聴けないと思います。
けど、どういうことかこれがまた聴きやすいんですよ。
たまに入るクリーンVoや電子音も良い味付けになってるし、曲のメリハリもついてるし、収録時間もそんなに長くないしで。
あぁ…少しずつ自分が黒く染まっていくのがわかる…w

9.Hour of Penance/Sedition
Sedition.jpg
みんな大好きアワぺ二イタリアのテクニカル/ブルータルデスメタルバンドの5thアルバム。
どうやらこのアルバムからVoとDrが変わってるらしいんですが、今まで聴いたことがなかったので個人的には関係ありません←
僕、低音粋のグロウルって比較的苦手なんですが、この体中に響き渡る低音グロウルは大好きです。
それに爆裂しまくりの超手数のドラムが合わさって最強に見えます(笑)
30分程度でスカッと聴き通せるのもまた良し。

10. Vandroya/One
One.jpg
ブラジルの女性Voメロパワバンドの1stアルバム。
disk unionで最近頻繁に流れていて、凄くクサくてかっこよかったのでしばらく気になっており、先日購入しました。
個人的にはVoの声質をよりメタラー好みにしたAncient Bardsって印象を感じ、ポジティブでキャッチーなクサさに満ち溢れてます。
何気に結成自体は10年以上前というバンドらしいのですが、それを差っ引いてもデビューアルバムとは思えない完成度に感じました。
時折見られるプログレッシブなアプローチも面白く、バキバキした自己主張しまくりのベースもかっこいいです。

11. 回路-kairo-/Way of wonderful suicide
Way of wonderful suicide
上半期にもノミネートした回路のオリジナルアルバム。
序盤のネガティブで気怠い雰囲気からinterludeを挟んで一転し、叙情的でしっとりとしていながらもどこか救われたかのように朗らかと明るくなるというアルバムと通してのドラマティックさが目を見張ります。
ゆったりとしていながらも力強く飛翔感のあるAnswerは必聴。

12. DOLL$BOXX/DOLLS APARTMENT
DOLLS APARTMENT
いやぁ、想像していたよりも全然HR/HMしていますし、ふきてんのVoは正直同年にリリースされたらぶりーのgenesisよりも活き活きと伸びやかにハイトーンを披露しまくっていてすっっっごく気持ち良いです。
バスドラムの連打もすげー心地良いですし、全パートしっかりと見せ場があるしで…正直、買う前はナメてましたわ…w
でも…でも、僕の中でふきてんの本職はらぶりーとあんきもなので、適度なところで切り上げて帰ってきてね!!(切実)
でもこっちもたまには音源出して欲しいですね

13.ANCIENT MYTH/Akashic
Akashic.jpg
こちらも上半期にノミネートしましたね。
疾走感を増してメロスピ寄りになってシンフォニックさにも磨きがかかり、元から良かったメロディセンスも更に向上して、去年の年明け直後で一番良かったアルバムです。
ワンマンライブの世界観に浸れて本当に良かったので、メンバー交代等の苦難が待ち構えているでしょうが、Against the Fateで僕たちの前にまた姿を見せてくれるのを待っています!

14.Eine Kleine/Death tinated lolita ism
Death tinated lolita ism
Eine Kleineの冬コミ新譜で、同人としては比較的珍しい50分程度のがっつりとしたフルアルバムですね。
他の著名なゴシック系サークルにはあまりない特徴であるへヴィで攻撃的なリフを用いた爆走チューンはメロディ・サウンドの説得力どちらとも更に洗練されて、一聴して明確な成長を感じられるでしょう。
アニソン系の明るいながらも哀愁を感じるメロディも勿論健在で、特に黛天オブシディアンのキャッチーで飛翔感溢れるサビメロは必聴です。
また、旧譜と聴き比べてみると面白い仕掛けもあり、ハッとさせられる部分がちらほらありますね。

15. The Agonist/Prisoners
Prisoners.jpg
カナダのメタルコアバンドの3rdアルバム。
メタルコアにゴシック系のメロディ・アレンジを組み込んだうえに変態的な曲展開を見せてくれた名盤だった前作に比べてストレートなメタルコア/メロデスに接近した感がありますが、クリーンVoパートのキャッチーさ・メロディアスさこそが彼らの最大の武器でしょうな…!!
2ndの時点で変態的だったアリッサのVoも更に凶悪に進化しており、演奏もキレッキレで文句なしにかっこよすぎです。
ライブも凄く良かったですし、強いて言うなら欠点は若干収録時間が長いかなってくらいですかね…?

16.Mysterious Priestess/Agency Of Fate
Agency Of Fate
日本のエピックメロデスクサメタルバンドの1stアルバムで、なんでも過去にKnights of RoundやSKYWINGS、ANCIENT MYTHの対バンとかでO.A.を務めたとかなんとか。
和の雰囲気を放つクサメロをギターやシンセが垂れ流しまくってこれがクサいのなんのって…
たまにジャジーなアレンジなども顔を見せたりと懐も広そうですね。
まさに日本人ならではのクサメタルといえるでしょう。

17. 5150/シンフォニック東方 ガールズサイド
040030045776-1p.jpg
色んな所で何度もこのアルバムを挙げてきましたねw
みーやさんの歌声が大好きなのですwww
いやいや、それだけでなくアレンジもツボを突きまくりで…
神竜物語と悩んだのですが、僕はやっぱりこっちでした(笑)

18.摩天楼オペラ/Justice
Justice.jpg
DELUHIに続いてVersaillesも活動を休止してしまった今、V系メタルバンド最後の砦となるバンドの2ndフルアルバム。
Versaillesのラストライブに行ってから8割増しくらいで魅力を感じるようになりました(笑)
苑の歌唱(特にヴィブラートのかけ方)は癖がありすぎて慣れるまでなかなか苦労しましたが、慣れてしまってからはこっちの物でしたねw
正直言って捨て曲はありますけれども、クサい曲はとことんクサいです。
何よりも10曲目のアポトーシスがクサすぎるので、この一曲のためにも買う価値はあると思います!!

19.凋叶棕/騙
騙
もう、とにかく凄いです。
僕は東方をやったことがありませんし、せいぜい東方アレンジを聴いてるうちにキャラを覚えてきたってくらいで、当然詳しいわけではありません。
更に言うとコンセプトアルバムや物語音楽を聴いたって考察するような聴き方をする性質ではないです。
けど、一昨年にリリースされた遙と本作には圧倒されてしまいました。
いや、遙すら凌駕しているやもしれません。
聴けば聴くほど作品の雰囲気に飲み込まれていきますし、それだけでなく視覚的にも楽しませてくれるギミックにも驚かされます。
コンセプトアルバムとか考察モノが好きなリスナーには必聴物だと思いますし、そうでなくても確実に普遍的な良さが見出せる作品だと思います。
あと、めらみさん枠が欲しかったってのもあります(笑)

20.喜多村英梨/RE;STORY
RE_STORY.jpg
突如メタラーであることをカミングアウトしたことで、我らヲタメタラーの間で話題になったキタエリのアルバムですw
いやぁ、なんとなくCDを買ってみたらGalneryusのSyuをはじめとした有名ミュージシャンがちょくちょく参加していて笑ったのもいい思い出ですwww
メタルと言うよりはV系っぽいハードチューンって感じのが強かったですが、なんだかんだで良いアルバムでしたし色々とインパクトが大きかったのでこれは外せないだろうなとw
普通に声優としてもキタエリ好きでしたし


こんなところでしょうか。
上半期に発売したアルバムが少ないですねw
まぁ、同人イベントなんかは下半期に集中してるので仕方ないのでしょうかね?
海外のバンドは旧譜を追っかけてばかりで新譜とかあまり買わないタイプなので今年も少な目ですし、しかもここ最近買ったアルバムばかりという…w

更に、各パートでも良かったと思う方を選んでみました。

【Vocalist】
■男性:Leo Figaro
Leo氏が復帰してからミンストが活発になってくれた気がするので本当に嬉しいですね。
ドラガ関連でも歌いましたし、例年以上にフィガロ無双だった国産クサメタルシーンだったと思います。
DREAMSTORIAも凄く良かったですし…ただ、At Vanceの時に関東にも来てくださいよぉ~(血涙)

■女性:己稀
去年からロマソで作詞もするようになりましたし、Misty HarmとJenesais quoiの方で聴けるメロディセンスの良さも本当に素晴らしいんですよ、これが…
ライブも2回観れましたが、めっちゃめちゃ良いパフォーマンスでした。
なので、今年こそは関東でライブを(ry

【Guitarist】
■Takao(MinstreliX)
ミンストの新譜が年に2回も出ましたし、ロマソでもいっぱいレコーディングに参加しましたし、他にも別で色々とやってましたし、確実に僕が去年で一番参加音源を聴いたギタリストですねw
これからも異臭を振りまきまくって下さい!

【Bassist】
■AKIRA
去年はUnto Obsessionのライブでしか見てないですが、LA KIAをベストに入れなかったのでこちらにノミネートしました。
え?音源では弾いてないって?きすみらのサポートで弾いてるからいいんじゃよ!(暴論)
正直ベーシストって思いつきませんし
LA KIAは毎回レベルが上がりまくっててCD買うのが本当に楽しみなのです。

【Drummer】
■森下フミヤ
去年からレコーディングにも参加するようになり、ライブでもその圧倒的なドラミングで悶絶させてくれました!
二コ動に上げられてるあんきものライブ動画は何回見たことか…w

【Keyboardist】
■Yui
ミンストの活動も活発化したうえに、年四回の同人イベントにも全部参加したり、アルバムも2枚リリースしたりと本当にお疲れ様でした。
またすぐにミンストのライブありますが、どうかしばらくはゆっくり休んでください(切実)。

【Hope】
■Bridear
完全初見でライブを見に行ったらめちゃめちゃかっこいいし元気いっぱいのパフォーマンスで可愛いし何より曲が良いしで…
まだデモCDだけですが、音源も素晴らしかったです!

■Satanic a la mode
あと2曲くらい多く収録されてるのがリリースされていたら、確実に最上位クラスに入ってましたwww
今後も追いかけさせていただきます!!

【Live】
■Imperial Circus Dead Decadance
ICDDを挙げる人は多いと思いますねw
まさかあんなに凄いライブになるとは思いもしませんでしたねぇ…
このライブに行った人なら、ほとんどの人が去年のベストライブに挙げるんじゃないでしょうかね?w

■回路-kairo-
ICDDは最初で最後とかのドーピングが強すぎるので、そういう要素がない(定期的にライブをやってる)バンドで選ぶとしたらだったらこちらですかね。
ライブで凄く上手いってのは話に聞いていたのですが、まさかあれほどまでに凄い人たちだったとは思いませんでした。
特にVoの556tさんは、同人界隈のボーカリストでも群を抜いて凄い一人だと思いました。
彼らは千葉県民の誇りです!!


いやぁ、去年はCDもいっぱい買いましたし、ライブもいっぱい行ったり、出会いもたくさんあったりでで本当に楽しい一年でした。
今年は…どうなるんでしょうかね(震え声)
行けるライブとか減っちゃうでしょうが、それはまぁ今年が行きすぎだったので仕方ないです。
せめてM3やコミケくらいは毎回参加したいですねぇ。あとラウドパーク。
個人的にはもっと海外のバンドを知りたいですね。自称メタラーなのに知識が浅すぎるので。
とりあえず、今年も充実した音楽ライフを送れたらなぁって思います。

あけましておめでとうございます&C83お疲れ様でした!

いやはや、月日が経つのも早いもので…2012年ももうとっくに終わってしまいましたね。
去年は三月以降、本当に色々な出会いがあって、冗談抜きに人生の転機だったような気はします。

というか、先月はどうもいろいろと大変でほとんどブログが更新できず…w
その割にはライブとかオフ会とか冬コミとか行ってるしツイッターにもほぼ常駐してるじゃねーか!!って言いたい方もいっぱいいるでしょうけどwww
ライブやオフ会はアレですが、年末年始のコミケくらいは許してください><

コミケ3日目の戦利品はこんな感じになります。
A_m45NPCEAIJgB9.jpg

A_naq34CMAAh0mG.jpg

帯がない物は既に開封して拝聴させていただきました。

東にもいくつかチェックしていたサークルがあったのですが、移動しようと思ったらあまりにも混雑していたのであきらめてずっと同人音楽島を徘徊していました(笑)
会場でたくさんの知人と会って色々と語り合ったり情報を交換し合ったりと、今までで一番楽しかったコミケだでしたね。

しかし、前日にバイト先の忘年会があったために徹夜だったので、帰りはもう疲労困憊…
総武線快速に乗り換える際に成田行きが二連続だったため、不安を覚えながらも仕方なくそれに乗車したら、案の定爆睡して乗り過ごすという…w
千葉駅まで引き返してから地元へ通じる内房線に乗り換えたのですが、そちらでも寝過ごしてしまい、結果的に1時間以上帰宅が遅れる始末…w
席が空いてなかった時は、立ちながらヘッドバンギングするかのように舟を漕いでたくらい眠かったですwww

今年からはもう少し楽なスケジュールに…なるといいなぁ(お先真っ暗)
まぁ何はともあれ、C83に参加した皆様お疲れ様でした!
今年もよろしくお願いします!!
プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。