スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼓動

鼓動

大阪の女性ボーカリスト己稀さんを中心としたアマチュアロックバンドの1stシングル。

Roman so Wordsでの活動でクサメタラー達の注目を着々と集めつつある己稀さんが高校時代に結成したバンドです。
ロマソとは違ってこちらでは全曲で作詞曲を担当しており、Yuiさんだけではなく己稀さんも類稀なる才能を持っていることがわかるCDと言えるでしょう!
そのクオリティは、主に大学生達が趣味でやってるアマチュアバンドとは思えないほど高く、歌唱は勿論のこと演奏も非常にタイトかつエモーショナル!
そして曲も非常に良いため、やはり多くの名ミュージシャン・名バンドを輩出してきた名門地域・関西のバンドであると言えるでしょうか!?(笑)
ワンコインで買えるとは思えないほど素晴らしい仕上がりとなっており、音質もアマチュアとは思えないほど良いと思います。
曲調はと言うと、良い意味で全体的に90年代J-POP/ROCK00年代初頭辺りのアニソン等を連想させ、僕と同世代(20歳前後)の方々なんかは無条件で懐かしさを感じる仕上がりとなっているのではないかと思います!
個人的にこの異常なまでにノスタルジックに感じるメロディは、地方は違えど同じ時代に育ってきたんだということを実感します。
自分で作曲しているためか現状で己稀さんの歌が聴ける音源では一番歌いやすそうで、もっとものびのびと歌っている印象を感じます。
まぁロマソなんてどう考えても超難しいですし、収録もほぼ毎回切羽詰まった状況で、毎回あまり時間を取れていないみたいですが(笑)

実はレビューするのはもっと後にするつもりだったのですが、己稀さんがやっていたもう一つのバンドであるJenesais Quoiがクサメタラーにとってはおなじみの悶絶メタルのページで先にレビューされてしまい、テンションが上がるとともに「先を越された!」と思い、せめてMistyは先にと思ってレビューしました(笑)
まぁ前回のM3でMistyはごく少数しか持ってきておらず、速攻で完売していたためまったり参戦のKさんは買ってないと思うのですが。

一曲目はへヴィなリフから始まる曲で、ボーカルはあまりにもフックのありすぎる強烈極まりないメロディーをパワフルかつエモーショナルに、そして伸びやかに歌い上げる表題曲。
サビでの盛り上がりが凄まじいですね~!
ギターソロも存在し、短いながらもタッピング等も聴かせて非常にテクニカルな演奏を聴かせてくれます!
ラスサビ前ではメロウでエモーショナルなパートも聴かせ、直後のラスサビで最高の盛り上がりを見せたかと思いきや更に転調という王道すぎる展開も素晴らしすぎます!!

二曲目はドラムから始まり、いきなり凄まじくキャッチーなメロディを奏でるギターが聴けるイントロで始まる曲。
歌メロは一曲目同様凄まじくキャッチーで哀愁を放ちまくっており、本当にめっちゃめちゃ懐かしい感じがします(笑)
ギターソロは一曲目のようなテクニカルさは無いものの異様に泣きまくっており、ギターソロはメロディー・泣きを重視して聴くリスナーにとってはこちらの方が上ですかね。
この曲も王道すぎる展開が非常に好印象で、フェードアウトしていくアウトロで聴ける泣きまくりのギターソロもまたたまりません!
また、エモい感じのするコード進行もいいですね~。

三曲目はあまりにも強烈すぎる哀愁・切なさを放つ極上のバラード曲。
己稀さんの超々エモーショナルな歌唱とそのメロディが聴く者全ての涙を誘います。
物静かなAメロ・Bメロにへヴィな演奏で盛り上がりを見せるサビという、これまたバラードの王道展開が素晴らしいです。
ラスサビ直前のメロウに聴かせる部分なんかヤバすぎます…
一昔前のアニメのEDに使われる激泣きバラード曲っぽいなと思ったりしました(笑)
これは僕の人生でもトップクラスに位置する名バラードの一つです。。。

四曲目はこのバンドの代表曲にして、メタラー的にも思わずガッツポーズをしてしまうであろう疾走キラーチューン!
メロディーの素晴らしさは言うまでもなく、演奏は非常にタイトなアンサンブルを聴かせ、己稀さんの歌唱も力強くてその雄々しいメロディーと相俟ってあまりにもかっこよすぎます!!
ギターソロでは流麗なスウィープも聴けたりして、アマチュアとは思えないほど卓越した技巧を持っていることを証明しているでしょう!


ここまで優れているバンドがアマチュアで燻っているなんて勿体無い事この上ないです!!
以前、MinstreliXの大阪ワンマンを見に行った次の日にMisty Harmのライブがあったため、良い機会だと思いって見に行ったのですが、機材トラブルでギターが一本になるという事態はあったものの全員驚くほど上手く、己稀さんの生歌も凄まじく、素晴らしいステージだったのも記憶に新しいです。
当日、特に驚いたのはドラムのmadamさんが女性とは思えないほどパワフルなドラミングを披露してたことでしょうか!
ちなみにそのmadamさんですが、本職はピアノ専攻の音大生らしいです!
マダムさんマジセレブ(笑)

このCDはライブ会場及びM3などのイベント会場でしか購入することができないため、入手の機会は限られていますが、是非とも手にとって購入していただきたい一品です。安いですしね(笑)
趣味のバンドとはいえ、このような優れたバンド・ミュージシャンが日の目を見ないことなどあってはなりません。
中心人物が他のプロジェクトで成功を収めつつあるとはいえ、Misty Harmというバンドはこのメンバーだからこそ、ここまで素晴らしい音源を作れたのだと思うのです。
メンバーが学生の間限定という条件で組まれたバンドであるらしく、女性メンバー以外は僕と同い年の大学四年生ということで、実質解散間近らしいです。
関西以外の地域の方には流石に無理は言えませんが、関西在住でRoman so Wordsから己稀さんを知り、僕みたいにその歌声に惚れこんでしまった方なんかには、是非ともMistyが解散してしまう前に一度はライブに足を運んでいただきたいです。
そうすることで、もしかしたらもう一枚くらいは音源を制作できるようになるかもしれませんし、本当にお願いします。。。
彼らのような才能を持つミュージシャンをこのまま失うのは、音楽シーンにとっての大きな損失だと思います!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【鼓動】

大阪の女性ボーカリスト己稀さんを中心としたアマチュアロックバンドの1stシングル。Roman so Wordsでの活動でクサメタラー達の注目を着々と集めつつある己稀さんが高校時代に結成したバ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。