スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂おしく咲いた凄惨な骸は奏で、愛おしく裂いた少女は聖餐の詞を謳う。

狂おしく咲いた凄惨な骸は奏で、愛おしく裂いた少女は聖餐の詞を謳う。

先日敢行された1stライブ堂々たるパフォーマンスを見せて大成功を収めたImperial Circus Dead Decadenceの2ndアルバムを、ライブの興奮冷めやらぬ内にレビューしてみます。
本当はライブ前に書きたいと思っていたのですが、スケジュールの都合上時間が割けなかったのでライブ後となってしまいました…w

1stアルバムはRib:y(uhki)氏、Hull氏、そしてKylieさんの三人のみで制作していたのに対し、本作はANOTHER STREAMのメンバーを中心に多くのミュージシャンがメンバーとして加入、あるいはゲスト参加することで演奏力等が大幅に向上し、1stの時点でハイクオリティーだった楽曲の質も更なる成長を遂げ、サウンドプロダクションも同人とは思えないほどのレベルになっています。
その完成度の高さは圧倒的で、彼らが特に影響を受けたであろうDir en greyCRADLE OF FILTHSound Horizon足して三で割ったというどころか、足しっぱなしで割っていないってな塩梅です(笑)
個人的には2011年のベストアルバム最上位の一枚であり、人生の名盤の一つと言える作品です。


一曲目は語りの入ったオープニングトラックで、まるで映画のサウンドトラック…あるいは予告編を思わせる荘厳なオーケストレーションがリスナーを第二の退廃世界へと誘います。。。

続く二曲目は、開幕の高音絶叫と共に爆走!
クリーンの歌いだしから異常にクサい!!
Rib:y(uhki)氏のグロウル・ガテラル・ホイッスルボイスにナルシスティックなクリーンの歌声とゲストシンガーのKIMIKOさんの歌声の対比・掛け合いが素晴らしく、曲展開の妙に加えて頭に残るリフにテクニカルかつクサいギターソロと、隙が何一つ無い!!
同じレベルの曲が最後までずっと続くからもう始末に負えないのです…w
この曲のサビメロは、Jannne Da ArcのIceのサビと非常に似ているというかそのまんまなのですが作曲者のRib:y(uhki)氏はこの曲を知らなかったみたいで、本当に偶然だったみたいですw

三曲目は少女のセリフから入り、凶悪なガテラルと共に爆走!
リフワークが非常に気持ちいいですな…!
何気に全編クリーンVoがなく、終始グロウル・ガテラルでのみ歌い続けてる曲はこの曲のみとなっています。
ところどころで聴ける変態的なブラストビートが非常に心地良いです…

四曲目は長めの語りの後にホイッスルと共に疾走し、Rib:y(uhki)氏一人によるクリーンとデスVoの対比が面白い曲。
中盤で泣きメロを奏でるギターソロも聴け、テクニックだけではないギタリストであるのだということをきっちり証明していますね。
8分となかなかに長い曲であるのに加え、金太郎飴状態に陥りやすいデス・ブラックメタルでこういった曲を最後まで全く飽きさせずに聴かせられるのは本当に凄まじいですな…!

五曲目は語りと苦悶を想起させる呻き声が聴ける、恐らくインタールード扱いの短いトラック。

六曲目は…もう完全にDir en greyの残だコレ~www
曲名にも残の文字が入っているのもまた御愛嬌ですねw
しかしこういうオマージュ曲でも向こうには無い様式美的な側面があり、独自の個性を失っていないのは流石と言ったところ。
変態チックな変拍子の応酬なんかも聴け、その直後の
そう、なにもかも…終わってしまったんだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!
慟哭絶叫っぷりには前身の穴という穴が広がるほどの震えがきます!!
ラスサビ前にも聴ける、人間の物とは思えない声も一体どうやって出しているんだか…

七曲目はホイッスルと共に爆走し、バックでキ●ガイじみた暴れっぷりを聴かせるピアノの音色が熱いですな…!
ピアノの音以外はほぼ完全にバンドサウンドしかなく、アルバム内で純粋なメロデスに一番近いのが特徴ですかね?

八曲目は勇壮さを感じさせるオーケストレーションから始まり、バンドサウンドは毎度の如く爆走!
下水道ボイスがまた凶悪ですな…!
キーが低めの女性の声に聴こえなくもないファルセットでの歌唱なども聴け、クリーンで歌うサビメロはかなりの哀愁を秘めています。

九曲目はブルータルなリフが聴け、キレの良いホイッスルと共にブラストビートで爆走!
ブレイクダウンしたときのずっしりとしたブルータルなパートと、ブラストビートによる爆走パートの緩急がまた良いですな…

十曲目は9分にも及ぶICDD最長の大曲にして、最強のアンセム!!
このメロディ。この展開。これこそ人類が遺した奇跡の賛歌です。
サビでのブラックメタルにあるまじき飛翔系の明るさが素晴らしく、大合唱と合わせてあらゆるメタラーの涙腺を確実に崩壊させるでしょう…!!
この曲で参加しているANOTHER STREAMのREINO氏の、YAMA-B辺りを連想させるオペラティックさを感じさせるような歌唱もまた非常にマッチしています!
歌詞も全体的に非常に凝っている本作中でもクライマックスを飾る曲に相応しい気合の入りっぷりで、歌詞を読みながら聴いてると泣けます…
勿論ライブでも披露してくれましたが、是非ともまたこの曲を会場全員で謳いたいですな…!!(切実)

本編は十曲目までで、C80にて頒布されたCD-R盤とM3-2011秋にて頒布されたプレス盤とではボーナストラックが違ってます。
CD-R盤には本作二曲目のオーケストラバージョン1stアルバムの四曲目のアンプラグドバージョンが収録されており、プレス盤では新たなキラ―チューンが収録されています。
CD-R盤を買った人はM3会場に持って行けば無償でプレス盤と交換できたみたいなんですが、交換した人ってどれくらい居たんでしょうかね?
ちなみに僕は交換せずに両方買いました(笑)

1stに比べてサンホラ的な民謡調やクサさよりもV系的キャッチーさに重点が置かれた印象で、多少方向性が変わったというか、一方行に集中させたように感じますね。
その選択は間違いではなかったようで、1stよりも全体的にとっつきやすくなったと思います。
全曲爆走しているにも関わらず、シンフォニックなアレンジや男女のクリーン、そしてデスVoでもガテラルやホイッスル等を多彩に使い分けることによって各曲に個性が与えられ、金太郎飴状態になるのを回避できているのもメロディ重視のリスナーとしては非常に嬉しい部分ですね。

あらゆるメタラー…いや、
あらゆる音楽ファンに聴いて欲しい、世紀の名盤です!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。