スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーモロート Vol.3

行って参りました~!
会場は前回行ったライブであるGATE TO THE UNKNOWN 2012を開催した渋谷Milky Wayと同じ建物の渋谷aubeでした。
ラインナップ及び出演順はSUPERNUMBERS、コンテンポラリーな生活、回路-kairo-、NO LEAF CLOVERです。
僕のお目当ては勿論回路で、今までライブに行こうと思ってもチケットが即SOLD OUTしてたり、ずっと前にチケットを購入済みの別のライブと被っていたりなどで一度も行けてなかったので、ついに長年の願い(といってもファンになってからまだ一年経ってないけどw)が叶いました!
他のバンドはノーチェックで行ってしまいましたが、まぁ対バンなんてこんなものでしょうw
整理番号はなかったため、会場には早めに入場したのですが、今回は後ろの方でゆっくりと鑑賞しようと思ったので後方待機。
その時に思ったのですが…いやはや女性客が多い!
普段はオーディエンスの9割以上がメタル戦士のライブにばかり行っているので余計にそう感じましたねw
流石にV系程女性ばかりという訳ではないのですが(笑)

最初に主催のNO LEAF CLOVERのメンバーの方が出てきて軽い挨拶と共に出演順のネタバレがされてから始まりましたw

一組目のSUPERNUMBERSは、まぁ所謂ポップロックバンドですかねぇ?
公式を見たらメロウロックバンドを名乗っていました。
音作りはエモ系だったなぁと。
演奏・歌唱は飛び抜けたモノはないですが安定しており、聴きやすかったです。
好みかと訊かれたら違うんですが、なんか懐かしい感じがしましたね。
中学の頃なら好んで聴いていたタイプかもしれないです。
ギタリストの方がボカロでも活動しているみたいで、本ライブのコンセプトのボカロ枠の一つなんだなぁと思いました。

二組目は大阪から来たコンテンポラリーな生活で、スリーピースのこれまたエモ系ですかね?って感じのバンドでした。
ベーシストがすっごく小柄な女性だったのですが、この方が上手いこと上手いこと!
やたら動きが多いアジカンみたいなベースラインをピロピロとテクニカルに弾きこなしていて、オブリも入れまくってました!
スリーピースだから比較的聴こえ易かったり、紅一点だから目立っていたという部分もあるでしょうが、この方は飛びぬけて上手く感じましたね。
演奏もやはり安定していて、一組目よりも疾走曲が多くて非常にノリ易かったです。
帰宅してから調べたのですが、メンバー全員僕と同い年って…w

三組目は待望の回路-kairo-!
今回は東方と関係がないイベントなので、セットリストの大半がオリジナル曲だったのが非常に嬉しかったです。
しかもそのオリジナル曲も、回路としては派手な曲ばかりをやってくれたのがまた良かったです。
一曲目のtune the worldのイントロを聴いた時点で僕の眼は潤みまくり、そのまま個人的にM3新譜で一番のキラーチューンだと思ってるAnswerをやってくれてもう鳥肌立ちまくりでした!
オーディエンスも自然とその世界観に引き込まれて頭を振りだす方もチラホラ見かけましたね。
その後もたたみかけるかのように名曲を連発し、唯一やった東方曲も重なり合うスクリームの応酬が聴ける“君の声と、”で、初見だと思われるお客さん方も圧倒されて物凄い歓声を上げていました。
ラストは今のところ幻の名曲となっている種蒔く人でフィニッシュ!
演奏の丁寧さ・グルーヴ感はやはり凄まじく、556さんの歌唱に至っては同人界のボーカリストだとは到底思えない程のレベルの高さでした。
ライブ映像は見たことがあるため、その実力の高さは知っているつもりでしたが…いやはや生だとここまで圧倒されるとは…
しかしここまで素晴らしいステージを見せられてしまうと、今まで行けなかったのが余計に悔やまれますな(笑)
これから追っかけします。

トリはNO LEAF CLOVERで、やはり主催なだけあってオーディエンスの盛り上がりはこの日最高でした。
基本的にはこの日の他のラインナップと同じくやはりエモ・パンク系なのですが、上手ギターは音作りこそ違うものの、HR/HM寄りのギターソロをテクニカルにピロピロ弾きまくっていて懐が広そうだと思いました。
僕が普段主食としているメタルのギタリストのような尖ったプレイはしないのですが、流麗なタッピングを交えたメロディ重視のギターソロは非常に耳当たりが良かったです。
ドラムの音も抜けが非常に良く、バンド全体のグルーヴ感も好印象。
また、このバンドのギターボーカルの方もボカロで活動しているようですね。
同人音楽は聴くものの、ボカロは畑違いなので僕は知らなかったのですが、それなりに名の通った方なのでしょうね。
まさかのWアンコールもあり、同じ曲を二回やるも大団円でフィニッシュ!


終演後は物販のお客さんが捌けるのを持ってから、556さんや麿さんとお話しさせていただけて非常に嬉しかったです。
名乗ってもないのに、556さんがLIGHT BRINGERのロゴが背景の人だとわかってくれたのにびっくりしましたw
他にもM3の「M」の真相がわかったりと意味深な状況も見れ、M3秋での三角関係に期待がもたれるところです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。