スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVELY ROCK SHOW

実に半年ぶりに行くLIGHT BRINGERのライブです。
この頃、内部でどうもゴタゴタが続いているようで内心不安ながらも、らぶりーでのSeiyaのラストステージということで、平日ど真ん中ですがこれは行かざるを得ない!ということで参加してきました。
会場は原宿アストロホールで、行ったのは初めてだったりします。
僕の整理番号がちょうど200番だったのですが、僕の後にも入場を控えているお客さんは結構居たので、客入りは300まではいかずとも、最低でも200人台半ばほどは居たでしょうか。
平日ど真ん中とは思えない動員でしたね。

セットリストは知人から拝借。
1.創世〜ark
2.noah
3.今にも落ちてきそうな空の下で
MC
4.merrymaker
5.Just kidding!
MC
6.le Cirque de Minut ~真夜中のサーカス
7.Red Spider Lily
guiter solo JaY
8.espoir
9.Resistance
key solo
10.風
guiter solo Seiya
11.BURNED 07
MC
drum solo
12.Continue!?
13.Hearn's Heaven
MC
14.Diamond
15.Love you♡
EN
MC
16.Tales of Promise(新曲)
MC
17.Upstream Children

メンバーが登場したときにまず驚いたのは、Hibikiの髪の色!
サーティワンアイスクリームのバナナアンドストロベリーってwww
そしてラストステージということもあってかSeiyaの登場でとりわけ大きな歓声が上がる!
演奏が始まって驚いたのが、サポートDrのHIDEKI(from Mahatma)が上手いこと上手いこと!!
いやぁ、Mahatmaがバカテクバンドというのは知人からのタレコミでよく耳にしており、ライブは行ったことないものの音源は所持しているのでその実感はあったつもりなのですが、いざ生で見てみるとぶっ飛びました!w
後のMCで言っていたのですが、とても途中で足を攣っていたとはとても思えない見事なドラミングでした。

久々に今にも~を生で聴けたのが嬉しかったのですが、それ以上に個人的にライブで初めて聴けたRed Spider Lilyが嬉しかったですw
Tales~の中でも特に好きな一曲で、ライブで聴いてみたいなぁとずっと思っていたのがようやく叶いました!
ツイッターで何度も聴きたいと呟いた甲斐があったのでしょうか?w

そしてespoirResistanceというらぶりー屈指の爆走曲二連チャンも熱かったです!
開幕から続かずにResistanceを聴くのは初めてで、新鮮な印象でした。
直後のMaoソロも印象的で、まるでRPGのBGMを想起させる勇壮かつ美しいサウンドに舌鼓を打ちつつも、直後の名バラード“風”ではメジャーデビュー以前では印象の薄かった“Seiyaが奏でる泣きのギター”をどっぷり堪能し、そのままクサクサキラーチューンであるBURNED 07に入るというギャップもまた面白いなと思いましたw
その後にMCとHidekiのドラムソロを挟み、この日で一番重要な曲と言えるであろう、Seiya作曲のContinue!?では会場全体で彼を見送ろうという思いで“ライトスティック”と名付けられたサイリウムを振り(僕は整理番号が遅かったので、残念ながら入場したころにはすでに物販が終わっていて買えませんでしたので、友人から借りた電池式の物を振りましたw)、そのままKazu作曲でも屈指の名曲であるHearn's Heavenへとなだれ込む!!あぁ…たまらん…(恍惚)
定番のDiamondでの掛け合いタイムではいつも通りHibikiがダイブし(笑)、この日で最後となるスーパーSeiyaタイムでは恐らくこの日一番の盛り上がりを見せ、ファンたちのSeiya愛はしかと届いたことでしょうな…!!
その後はLove you♡で怒涛の畳み掛けをしてきた!!…と思いきや、どこをどうミスしてしまったのかわかりませんが、一番のギターソロ後はAメロがなくなり、突如サビの途中から歌いだすという事態にw
まぁ、僕はライブVer.ということでかえってレアなモノを見れたと思えてしまう程度のお気楽脳の持ち主なのでいいのですが、あーいしーてーるー!投げキッスの流れが完全になくなってしまっていたため、そこを激しく所望していた方々は少々がっかりだったでしょうねw

アンコール後はSeiyaを除いてFuki、Hibiki、JaY、Hidekiの四人が登場し、1stアルバムであるTales of Almanacの続編(後日談?)にあたる曲であるTales of Promiseという新曲が初披露される!!
前後のMCを聴く限りは恐らくHibiki作曲の曲なのでしょうが、これぞらぶりーと思える疾走キラーチューンで今後の不安はひとまず潰えたと言えそうですw
ドラムのオーディションもすでに始まっており、来春(3~5月の間)には新譜をリリースする予定とのことなのでじっくりと腰を据えて待つとしましょう!
しかし前作の続編と聞いて、どうも烏天狗~追想を連想してしまう(この記事を書きながら聴いてるw)のは僕だけでしょうか…(笑)
そしてSeiyaが登場し、最後の挨拶とのことで異例のMCタイムが設けられましたが、そこで僕は感情が…涙が溢れ出してしまいました…
しかし、音楽活動を辞めることは無く、いつか必ずステージ上に戻ってくるという決意表明も聞かせてくれ、安心しました。
彼のストイックでありながらも笑顔を絶やさないギタープレイに惚れ込んでしまった身としては、らぶりーの新譜同様に…いや、下手したらそれ以上に彼の帰還を待たざるを得なくなりましたね…!
そしてまたスーパーSeiyaタイムで温かく迎え入れたいものです!
最後はSeiyaによるコールでUpstream Childrenが始まり、若干しんみりとした雰囲気を吹き飛ばすかのような熱気をみせて無事にライブ終了!

細かなミスなどは感じましたが、そんなことは些細なことと思わせる気迫が感じられた素晴らしいライブでした!
ふきてんの調子もそこまで良さそうではなかったのですが、考えてみれば9/30にDJFからのオールナイトイベントがあり、10/4には大阪でワンマンライブ、更にその一週間後にこのライブですからね。
客側とはいえ体力にはそれなりに自信がある僕も未だに疲れが拭い切れていないのですし、ライブをやっている本人は僕なんかとは比べ物にならないほど多忙な約10日間だったでしょうね。

今は非常に不安定な時期にあるらぶりーですが、彼らならそれを乗り越えられるはずであると信じています。
らぶりーはまだまだ止まらない。そしてSeiyaも止まらない。
これから彼らがどう変わっていくのか。あるいは音楽性的には意外とそこまで変わることなく活動続くのかは正直予想つかないですが、僕はずっと追いかけていきますよ。
好きなものは好きだからしょうがない!!(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。
しょーきさんのラブリーに対する熱い想いが頼もしいですね!多分音楽的には変化があるんだと、私は思っていますが、追いかけていくという気持ちは一緒。
新作が楽しみですね。Seiyaの方の動きもまた。
プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。