スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emilia ~the First Chapter~

RSW_Emilia_jk.jpg
僕がRoman so Wordsと出会うきっかけとなった運命のアルバムです。

去年のM3春終了後、日課の如くディスクユニオンに足を運び、メタルコーナーを物色していたら新譜としてピックアップされていたこのあまりにも場違いすぎる萌えジャケが頭に焼きつき、その場では買わなかったんですが、やはり通ってるうちにどうにも気になり、聴いてみたい衝動に駈られ、安かったからこのアルバムをジャケ買いしてみたのがRoman so Wordsとの出会いでした…
その時はまさかここまでハマるとは思わなかったです…w
というか敬愛してるMinstreliXのYuiさんのユニットだとは思わなかったです(笑)
初見がディスクユニオンではなく、とらのあな等の店だったら印象に残らなかったかも知れないので、そっち方面の店じゃなくて良かったですwww

一曲目は穏やかな笛の音から始まり、ボーカルもゆったりとしたメロディを歌いあげるがすぐにシンフォニックなアニソンを彷彿させる大仰なストリングス・オーケストラで盛り上がりを見せ、全然メタルではないんですが初聴当時この時点でノックアウトされてましたね(笑)
中盤でメルヘンチックな曲調になりますが、こういう展開もかなりツボです。
そしてアコギが登場し再びAメロから始まる。その後エレキギターも登場し、超壮大でのびやかなサビで一曲目は幕を下します。
ロック・メタルではなくともこういう超ドラマティックな展開は非常に好きです。
強いて言うなら、語りの無くなったサンホラのバラード曲みたいな感じですかね?うん、最強。
曲の展開の仕方とかプログレっぽくもあり、その辺もサンホラの影響を感じます。

二曲目は前回のシングルに収録された凛のアルバムバージョンである凜。
前回も書きましたが、イントロのストリングスシンセとバックのピアノでのっけから悶絶!
そしてバンドサウンドと共に劇的に疾走開始するキラ―チューン
己稀さんの歌唱の力強さとバックでリズミカルに踊るようなピアノ、そしてシンセによるオーケストレーションと聴きどころ満載です!
ソロパートはミンストにも負けないテクニカルさとクサさを放ち、ギターの泣きっぷりがシングル版より増しており、アウトロにも激泣きソロが追加されています。

三曲目はシリアスな二曲目とはうって変わり、明るいながらも強烈な哀愁を放つ飛翔系の歌謡メロスピ。
ここまで終始ピアノがバックで踊りまくってる曲はなかなか無いと思いますw
己稀さんのボーカルの表現力も涙を誘い、ギターソロもリズミカルかつ明るいクサメロを奏でます。
ありがとうtiny wing's Angel!
そういえば某勇者さんがブログで2011年クサメロランキングの二位にこの曲を挙げていましたねw
それくらいクサいですwww

四曲目はアコギで始まり、アコーディオン、フルートがクサメロを奏でるスパニッシュな雰囲気を持つ曲。
何気に疾走感は健在で、楽器変えればそのままメタルになりますねw
僕、アコーディオンの音色が大好きですよね…すっっっっごく良いです。。。
ソロでのアコーディオンとフルートの掛け合いがたまらんです。
あと、ギターソロでのみエレキギターが登場します。
てかこのフルートって設定上エミリアちゃんが吹いてるんですよねwwwシュールwwww

五曲目は電子音風なシンセの音色からのあざとすぎるギターソロで始めるメロスピ系の曲。
歌メロが90年代のJ-POPや00年代初頭のアニソンっぽいなぁと個人的には思います。哀愁が半端じゃないです。哀愁ならアルバム随一だと思います。
ソロパートはギターとシンセのテクニカルな掛け合いからの、これまたあざとすぎるサビメロのソロでフィニッシュ!
こういう展開には本当に弱いです…キメの部分であんなに泣きまくりのサビメロなんか聴かされたらこっちも涙が止まらないです。
歌詞まで涙が止まらないとか言ってます。
アウトロまで異様にギターが泣いてます…もう何とかして下さいwww

シークレットトラックとして六曲目に、1stに収録されたRomancing Waltzのピアノアレンジバージョンが入ってます。
なんというか、この曲にこそRoman so Wordsを象徴する一曲であり、ロマソそのものだと思うんですよねぇ。
己稀さんのメランコリックかつ安定感した歌唱が非常に心地よいです。


このアルバムからメタル以外の曲も少し増え幅広くなり、メタルばっかり聴きたいんだよぉぉぉぉという方にとっては肩すかしを食らう曲もあると思うんですが、メロディーの良さは変わらないので是非ともメタラーの方々にも…いや、メタラーの方にこそ聴きこんで欲しいです。
逆にメタラーではないリスナーにとっては、こういう幅広さを持ちつつも一本筋の通ったアルバムは聴きやすいのではないかなと思います。
僕自身も根っからのメタラーではなく、わりかしHR/HM以外の音楽性にも素養がある方だと思いますんで、こういうアルバムは聴いてて楽しいですし、初めて聴いたときはわくわくしました。
とにかくメタラー、非メタラー問わずに多くの人に聴いて欲しいです(笑)

このアルバムから物語要素が導入され、音楽性的にはミンストとサンホラの良いとこ取りになった感じと言えそうですね。Yuiさん公式でサンホラーであることを明言してるし(笑)

Last Chapterで音楽性とはまた別の意味でサンホラっぽいことをやっていますので、物語要素もあるし是非ともブックレットや歌詞も読み込んで欲しいです。
いやぁ、素晴らしいアルバムでした。
Yuiさんのメロディーセンスや音の使い方、そして個人的に凄まじく惚れこんでしまった己稀さんの歌声…
今までジャケ買いしたアーティストの中では断トツでハマりました。全てがツボです。
この広い世界でロマソと出会えた奇跡を僕は一生忘れないでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。