スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLASDEAD Presents "Revenge of METAL" Vol. 03 「オールドメタル VS ニュースクール・メタル」

5/18日にMinstreliXが東京に来るということで、勿論観に行きました。
直後に体調崩したりで日記遅れました。まぁここ最近はいつも遅いんですが(笑)

タイトルの通り、この日はBLASDEADの主催ライブでオールドスクールとニュースクールが共演するライブとのことで、他のラインナップはYOUTHQUAKE、MinstreliX、END ALL、SIGNIFICANT POINTの計5バンド。BLASDEADは去年にも「嬢メタル VS 漢メタル」みたいなライブも主催していたようですね。似たようなジャンルのバンドばかり集まるライブもまた良いのですが、こういうコンセプトのライブだと新たな発見があって良いですね。


SIGNIFICANT POINT
見た目からして超正統派なサウンドを出しそうだと思った5人組バンド。いざライブが始まってみたら本当にオールドスクール中のオールドスクールなサウンドでした。完全にアルトアイゼンです(スパロボ脳
曲の方はさておき、Voと上手Gtの音が聞こえづらすぎるかな~と思いましたね。それと、下手側に位置取りしていたのを抜きにしても下手Gtの音が大きかったかなと。ギターソロのメロディは下手Gtの方が好きだったのですが(笑)
個人的にはここまで正統派すぎるとやっぱり好みからは外れてくるかなぁと。超オールドスクールが好きな友人はかなり好きそうだなと思いました。
自分がまだまだ若い嗜好なんだなぁと感じましたw

END ALL
二番手はこの日一番若かったスラッシュメタルバンド。どこかで名前を見たことあるなと思ったら、ディスクユニオンで貰った新入荷リストの紙に名前が載っていたのをMCでアルバムをリリースするという告知がされた時に思い出しました。あと、Thousand Eyesとも一緒にツアー回るようですね。
Vocal&BassのMCがなんか可愛かったのと、常にビールを飲んでいたのが印象的でした(笑)
スラッシュメタルというだけあって、非常にノりやすい疾走曲の連発で、スラッシュは初見にも非常に優しいジャンルなんだなぁと改めて思いました。Gargoyleとかも完全初見で観たときでも本当に楽しかったですし。
Voは吐き捨て系で、フロントに立つだけあって何気にBaソロがあったりと終始目立ってましたね。凄くかっこよかったので、アルバムは購入してみようかなと思います。

MinstreliX
三番手はお目当てのミンスト。ミンストレルとしては当然ですね。まだまだ新参者ですが(笑)
この日のSynthはバンドを離れることになったYuiさんの代わりに大阪のプログレッシヴメタルバンドであるWild Oneの葵さんが担当していました。以前大阪で観たミンストワンマンでO.A.として先述のWild Oneを見たことがあるのですが、その魅惑の太もも卓越した演奏力はしっかりと目に焼き付けていましたし、以前にもミンストのサポートを行っていたり、ミンストメンバーさん達とSymphony Xカバーバンドをやったりしていたので演奏については特に心配なく見に行けました。というか個人的にはそのまま加入しても良いんじゃないかってくらいに思います。
セットリストは
1.Sky Flame(Mステバージョン)
2.Caterina
3.Eternal Death Rave
4.Thirst For…
5.Light Casts a Shadow
6.Bloody Rose
という、事前にデス成分マシマシでやるとアナウンスされていたのでこうなるとは予想できたとはいえ、歴代でも平均BPMが最速だったのではと思われるほどの爆走チューンのオンパレード。一番遅くてSky Flameですから。うぅ…首がもげるぅぅぅ!!
Ochocoさんも途中かなりきつそうでした。そりゃ、時間が短いからってことでほぼぶっ続けでこれらの曲を叩きまくってたので仕方ないですw
その分フィガロさんはいつもより歌うパートが少ないので、非常に調子が良さそうでした。
それでもCaterinaはちょっと予想外でしたね。始まった瞬間に「そういやラストにグロウルパートあったな」と自己完結しましたがw
デス要素のある選曲が多かったとはいえ、この日唯一のメロスピバンドだったこともあっていい清涼剤になっていたと思います。個人的には一番熱かったですが(笑)
ちなみにMステバージョンというのは、1番が終わったら2番を飛ばしてソロ→ラスサビってな塩梅のアレンジでした。なんでも最初は演る予定ではなかったのですが、5曲じゃ少ないと感じたそうで急遽セトリに追加したとのことです。
次回はYuiさんのラストライブになるので、その日は何があっても参戦する予定です。
しっかし今年前半にして既に2回ライブに行けてますし、嬉しい年ですなぁ~。

YOUTHQUAKE
活動歴20年以上にもなるベテランのメロデス/デスラッシュバンドで、個人的にはAKIRAさんの参加しているVolcanoやThousand Eyesは愛聴しているのですが、YOUTHQUAKE自体は完全に初見だったので、目当てのミンスト以外では個人的に一番楽しみなバンドでした。
そしてライブが始まるや否やその骨太で圧倒的な…それこそ質量を持っているのではないかと思うようなサウンドに唖然。かっこ良すぎです。
というかAKIRAさんってBaとVoを兼任してたんですね。知りませんでしたw
しっかしVoをも兼ねるバンド中心人物だけあって、ベースもエグいくらいに目立ってましたね。
ツインギターも荒々しくも緻密に練られたリフと慟哭フレーズを連発していてもう圧巻。フレーズからは屍忌蛇っぽさも感じられたかな?中心人物であるAKIRAさんが屍忌蛇本人と一緒にバンドを組んでいるわけですし、多少なりとも影響は受けているのではと思わずにはいられなかったです。それほど泣けました。
いやはや、大御所なのはわかっているとはいえ、想像をはるかに上回る迫力で見事に惚れてしまいました。
僕も想像力が足りなかったようです。

BLASDEAD
トリは勿論主催の彼等でした。彼等もYOUTHQUAKE同様に20年以上のキャリアを持つバンドなので、僕も名前自体は以前から聞き及んでいました。
活動歴が長いバンドなので、そこまで爆走はしていない正統派なサウンドなのかなぁと思っていたのですが、蓋を開けてみれば意外や意外、爆走しまくりじゃないですか!
曲によってメロパワとも言えるんじゃないかってくらいの疾走感とメロディだなと思いました。うん、正直もっとANTHEMとかその辺に近いサウンドだと予想してました。まぁANTHEMは大好きなのでその路線も個人的にはツボなんですがね(笑)
このバンドで何よりも目立っていたのはドラムスでしょうか。前回、同じくクレッシェンドでライブを見たBalflareもドラマーが目立ってたのでついつい思い出してしまったり(笑)
MCも何故かほとんど彼が担当していたのですが、これがまたフランクで非常に面白く、クレッシェンドの狭い会場を笑いに包んでいましたが、それ以上にツーバスの音の突き抜けっぷりときたら…!!
体の芯に響くようでいてスカッとした貫通力のある気持ちの良すぎる音を連打され、曲の疾走感と相まって自然と頭を振りまくってしまうほど高揚していました。
武道館でライブを見たときの長井“VAL”一郎さんのツーバスの気持ち良さを思い出したり。
ギターソロも実にメロパワしてて下手すりゃクサメロとも言えそうなほどかっこよかったのですが、上手ギターの音がすっごく耳にキーンときてしまい、右耳をやられてしまったのが個人的には残念でしたねw
しかし良い意味で予想外のサウンドで非常に楽しめました。こういう異種格闘技戦みたいなライブの企画自体も非常に面白いものがあるので、これからも是非頑張っていただきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showki

Author:showki
自称クサメタラーです。
自称の割には最近あまりメタルを聴いていない気がしてなりませんw
メジャー・インディーズ・同人音楽全てを取り扱って行くつもりですが、もっと多くの方々に聴いて欲しい、マイナーなバンド・ミュージシャンを優先して扱おうと思っています。

音楽の趣味は更新するにつれて露呈していくと思うので、それ以外の趣味をば。

・富野由悠季信者(自称)
なぜかダイターンだけは見れてないですw

・虚淵玄信者
ほとんどの作品で語れますw

・ロボット作品好き
アニメ、漫画、ゲーム問わずに好きです!
音楽ジャンルで例えるならメタルくらい飛びぬけて好きです!
でもまだ再世篇を買ってすらいないという…w

・Nitroplusファン
やっぱり男キャラのかっこよさだよw

・ライアーソフトファン
喝采せよ!喝采せよ!

・ageファン
厨房の頃に栗の子ファンになった時点で避けられぬ運命…

プロフィールもゆるゆる更新していく予定です!
リンクなどはフリーですので、もし貼っていただけるのなら非常にありがたいです!

ジャパメタ最高!!!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。